ウェブページ

« 猛暑だ!祭りだ!かき氷だ! | トップページ | 縄文時代はバラエティだった!上野で勉強してきました! »

2018年8月24日 (金)

チケットをいただいたので久しぶりにお笑いライブ行ってきた!

新宿末廣亭や浅草演芸ホールで落語や漫才に何度か笑わせてもらったことがある。
でも、漫才やコント、ピン芸だけのライブは初めてかな?
たまたまチケットをいただいたので行ってきた。
 
002__li_2

まあ、私が知っている芸人はふた組三人だけだったけどね。
小島よしおとサンドウイッチマンの二人だ。あと、知ってはいなかったけど“じゅんいちダビッドソン”を翌日テレビでチラっと見た。
 
まあ、サンドウイッチマンがトリに登場し巧みな話術を駆使し締めてくれたので終りよければすべてよしとなった。
 
でも、芸で糊口を凌ぐことがいかに難しいかを感じた。
お笑いライブが人生の厳しさを思う場になろうとはね!?!
 
10組の芸人が登場するたびに各メンバーが自ら「私たちを知っている人は?」と会場内に座るおよそ600人に尋ねた。
これも試練だろうが数人しか手のあがらない人たちもいた。
それが現段階における知名度だ。
でも、その人たちの何組かは見事と言いたいパフォーマンスを見せた。
脚光浴びること間違いないと私が太鼓判を押した。(保証はないけれど)
 
一方で、「寒くなる」ような芸であるにも関わらず、自分たちだけ盛り上がっているような人たちもいた。一生懸命は伝わってきたが、いくら必死であってもお笑い芸人は共感を呼び皆をハッピーにしなければなんぼにもならんね。(きついけどしょうがない)
 
サンドウイッチマンはさすがだった。
アドリブがいい。
イヤミにはならぬ程度に、またパワハラでなく前座の芸人のお粗末をとりあげ、「座長」としての責任を取るかのように揶揄し笑いをとった。
やっぱり芸事はライブがいいなと感じた。
ストレートに実力が問われる。
何があるかわからない現場で当意即妙に言葉が出て、かつ観客を喜ばすことができるか、できるものが這い上がり、そうでないものが去らざるを得ないのか?

« 猛暑だ!祭りだ!かき氷だ! | トップページ | 縄文時代はバラエティだった!上野で勉強してきました! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チケットをいただいたので久しぶりにお笑いライブ行ってきた!:

« 猛暑だ!祭りだ!かき氷だ! | トップページ | 縄文時代はバラエティだった!上野で勉強してきました! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ