ウェブページ

« フレブル太郎、生まれて初めて、海を見てきました! | トップページ | 金魚も紫陽花も、人はなんでも改良しちゃうのだね! »

2019年5月31日 (金)

鯉泳ぐ 後楽園の 青天空!

ちょっと前だけど、後楽園に行ってきた。

巨人 VS 阪神 の観戦ではない。

Dsc08913-2

鯉のぼりを見にわざわざ行ったわけでもない。

でも、なかなかだ。こうも群れなして中空を泳いでいると壮観だ。

人々も負けじと、高いところから落下を楽しんでいた。

Dsc08937-2

一度ぐらいやってもいいけど、どうしてもやりたいものではない。

せめて、ジェットコースターぐらいならね。

Dsc08934

実は、アウトサイド・ジャパン展を観てきたのだ。

Dsc08912-2

櫛野展正さんがアウトサイダー・アートを紹介する展覧会だ。

アウトサイダー・アートとは美術の教育を受けていない人々の創作のことを指すのだそうだ。

代表的なところでは障害者の表現や、高齢者などによる作品などだ。

櫛野さん自身は自分もアウトサイダーであり、彼ら表現する人々の伴走者だと自己紹介している。

今回の展覧会では70人もの作品が展示され、それらの作者には床屋さんがいたり、地元でヤンキーで通っている人もいたりと多彩だったようだ。(朝日新聞 5月6日 ひと欄)

会場の係りの人に確認したら、写真を大いに撮って、拡散して欲しいとのことだったので何点か紹介させてもらう。

Dsc08918

Dsc08919

バッチのようだけど拡大すると下のよう。

Dsc08919-2

Dsc08929

Dsc08932

Dsc08925

なかなか面白い。でも、十分理解・納得・感服したかというとそうでもなかった。

人の感性やら、鑑識眼など多様だからね。

抽象画やらデフォルメされた作品などは余計そうだね。

今回の作品は抽象というよりも漫画化であったり、材料が甲虫であったりと想定外のユニークなものであった。

抽象画という点で、たまたま二、三日前から読み始めた「村上春樹 雑文集」で感じたことがあった。

001_1

 

この作品「雑文集」となっているが編集者とのあれこれのやり取りの中でこの表題に落ち着いたそうだが、なかなか面白い。

と、同時に「なるほど」と思った。

かつて山梨県立美術館でピカソの初期のデッサンなどを観たとき、それから最近では神奈川県立近代美術館で萬鐵五郎の写実画を観たときと同じように感じたものがあった。

二人共抽象画で有名なのだが、ピカソはそれこそキュビズムの創始者であり、萬さんは日本人画家のなかでもキュビズムに挑戦した一人だ。

デッサンにしても、写実画にしてもお二人共さすが天才と思わせた。

村上さんに戻せば、この「雑文集」は結婚式での祝辞の原稿だったり、書評、そしてあれこれのエッセイなのだが、当然のように小説とは違う。

この間小説は何編か読まさせていただいたが、この「雑文集」はまさに写実画のようであり、「小説」は抽象画の作品であるかのように感じた。あらためてやはりノーベル賞候補だと思った。

この見方極端だけどね。

« フレブル太郎、生まれて初めて、海を見てきました! | トップページ | 金魚も紫陽花も、人はなんでも改良しちゃうのだね! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレブル太郎、生まれて初めて、海を見てきました! | トップページ | 金魚も紫陽花も、人はなんでも改良しちゃうのだね! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ