ウェブページ

« 朝顔咲いた!蝶ちょが舞った! | トップページ | 原田マハさんの本、面白く読んだよ! »

2019年7月12日 (金)

舘山寺温泉の湯!十数年ぶりにゆったりと浸かりました!

Dsc00038-2

この土日、ある業界の勉強会&懇親会が浜松・舘山寺温泉で開催され、私も参加した。

講師の話はよくわかった。大座敷で開かれた懇親宴会の料理も美味しく、出し物もなかなか楽しかった。それからちょっと塩っぱい温泉にも気持ちよく浸かり疲れがとれた。

ということで、滞在主目的の報告はそのぐらいに留め、合間を縫って散策したホテル周辺のことを記そう。

Dsc09911

新幹線ひかり号で降り立った浜松駅前は近代的だった。

舘山寺まではここからおよそ一時間弱。

出迎えのシャトルバスで目的地に向かった。

浜松市は80万ほどの人口を抱え、面積では全国2位の広さにもなる広域自治体だ。

これは2005年に浜松市を含め12市町村が合併したことによる。

そのためというと可笑しいけれど、写真のようなビル街は駅周辺にとどまり、車に揺られて十数分も経つと家並みも変わり一気に市街地を抜ける。

Dsc00017

浜名湖だ。日本で10番目の大きさを誇る。この湖はもともと淡水湖だったが、15世紀末の大地震で海と湖を隔てていた砂州が決壊し海水と淡水が混じりあったとのこと。

初めて知ったのだが、そのような湖のことを汽水湖といい、混じった湖水は魚などにとっては栄養豊富でとても住みやすい環境なのだそうだ。

Dsc00100-2

ところで温泉街に着いたのだが、街中は閑散としているではないか。

よそ者ながら心配になったのだが、夕闇が迫ってきた頃、にわかにホテル内が賑やかになってきた。何処から人が湧き出たかと思うようだった。

Dsc00050-2

ここも、最近あちこちで試みられている「そぞろ歩きできる温泉街作り」に努力しているのだろうが、見受けたところ、まだワンストップ型のホテル・・・・宴会の後の二次会もホテル内のスナックやバーで、お土産もホテル内売店で・・・・が主流の温泉町かなと感じた。

初日の昼の部が終わり、宴会まで少し時間があったので周辺を散策した。

ホテルから程無いところに寺があった。

その名は舘山寺。この温泉町の名はこの寺が由来のようだ。

Dsc09973

この寺、空海が1200年前に開創したとのこと。奥に見えるのは愛宕神社。

神社は寺よりもさらに50年古い歴史を刻んでいるようだ。

この中間にあるのが縁結地蔵尊。

Dsc09985

良縁を願うもの、せっかくの出会いを結実させたいと願うもの、とにかく多くの方が訪れ願ったようだ。

Dsc09970

Dsc09977

願い事をしたばかりの二人が行く。

Dsc09986

幸せな家庭を築いてください!

ここから、少し足を伸ばしたところに聖観音菩薩が鎮座していた。

Dsc00006-2

エキゾチックな観音菩薩だ。足元に象がいた。

Dsc00009

観音さんの丘を下り海岸線を歩いた。

Dsc09917

Dsc09919

Dsc09939-2

Dsc09923-2

 釣り人も、鳥たちも、何か物悲しく初夏だというのに冬景色の点景みたいだね。

翌日、行事が終わったところで、何人かで遊覧クルーズを楽しむことにした。

Dsc00035

デッキに出ると風が心地よかった。

Dsc00108

ようやく夏の雰囲気になってきた。

山頂に昨日足元まで行った観音菩薩が見えた。

Dsc00098-2

浜名湖をゆっくり遊覧する中で賑やかばかりがいいわけでなく、この物静かさもいいのではと思えてきた。

家族でくつろいだり、湯治にはいい温泉かもね。

 

 

« 朝顔咲いた!蝶ちょが舞った! | トップページ | 原田マハさんの本、面白く読んだよ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

 館山寺温泉ですか~
いいところですね^^。
行ったことのない場所、興味深く拝見させていただきました。
遊覧クルーズしてみたいです。

みいさん!コメントありがとうございます。
興味を持っていただき嬉しく思います。
本文の中でも触れましたが、温泉街自体は期待した賑わいはなかったのですが、ホテルのビルが近代的ではあるものの、どちらかというとひなびた温泉ということで落ち着くかもしれません。ぜひ訪ねてみてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝顔咲いた!蝶ちょが舞った! | トップページ | 原田マハさんの本、面白く読んだよ! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ