ウェブページ

« 「お友達内閣」って、どんなお友達の集まりなのか知りたくなった! | トップページ | ウオーキングの下見に沼津港へ! »

2019年9月27日 (金)

前川喜平さんの講演を聴く寸前に~~!

知り合いに”あの”「前川喜平」さんのお話が聞けるようだよと誘われた。数日前のことだ。

Haruki011_li

たまたま、ちょっと前に朝日新聞編集委員の高橋純子さんの痛快な小論を読み大いに共感・感服し、その流れで立腹もしていたので即答で講演に行くこととした。

高橋純子さんの論の切り出しは小津安二郎監督の映画「秋刀魚の味」の一場面の会話を引き合いに出して「バカな野郎が威張りだすと戦争になるのか、戦争になるとバカな野郎が威張り出すのか。どちらにしても、馬鹿な野郎と戦争が切っても切れない仲なのは間違いない」(8月18日多事奏論)だった。

面と向かって言われると私などたじろいでしまいそうだ。

続いて、その具体的例示のように「北方領土」やら「竹島」を「戰爭で取り返すしかないんじゃないんですか?」といった方を俎上に載せ、前回の反省のないままに同じ発言を繰り返すことに触れ、またもや「上塗り」(まずいことをしておいて、さらに同じようなことを重ねること)してまで自己正当化要求に取り付かれるとはと呆れていた。

そして、「上塗りの本丸はもちろん、現政権である」とおっしゃって本題に入った。

Maekawa001-2  

高橋さんは「上塗りだ」と憤りながら「政権が進めているのは、秩序からの逸脱ではなく、秩序そのものの攪乱だということを肝に銘じ、骨に刻んで」とまでおっしゃったのは、萩生田光一氏を文部科学相に据えたことだった。

高橋さんは言う「加計学園の獣医学部新設問題、真相はいまだ解明されていない」、「問題への関与が取りざたされた萩生田氏の登用」、これは「問題がくすぶっているからこその上塗り人事」、この「上塗りというのは、(国民が)抵抗しても無駄ですよという政権のメッセージであり、主権者に対する一種のマウンティング(ニホンザルが社会的順位を確認するために上位のものが下のものに対して行う行為)だ」、「だからますます声を大きくしていこう」そして、最後に「過ちを認め、謝るべき人が謝り、責任を取ってやめる。そんな当たり前の政治を、取り戻すのだ」と締めた。全く同感です。

そんな萩生田氏が最初の仕事として行ったのが「表現の不自由展・その後」を含む「あいちトリエンナーレ2019」に補助金約7800万円を全額交付しないとの発表だった。(9/27朝日新聞朝刊一面) 

さきほど見たばかりの夕刊の「素粒子」にそのことを鋭く表現する一文が出ていた。「加害者は脅迫者だ。なのに被害者である芸術祭に補助金を出さず、表現の自由を窒息させる。敵を誤った文化庁。」(9/27朝日新聞夕刊)

これなど、まさに高橋さんの言う「当たり前の政治」に全く反することだね。

ま、他にも原発問題(福島だけでなく、高浜も)やら、日米貿易協定やらと、次から次へと噴出するあれやこれや。

高橋さんではないけれど歯ぎしりどころか、骨に刻みたい・・・痛そうだ!

そんなことで、前川さんのお話を聞くぞと出かけた。

ところがだ、また知り合いに出会い、予想を超える人が来そうなので駐車場係を頼むと言われた。引き受けた。しかし、とんでもないことになった。駐車場が溢れ、事前に確保してあった四箇所の別スペースもいっぱいとなった。

結局、なんやかやと10人ぐらいで担当していたのだが講演が始まって15分過ぎてもさばききれなかった。

最初の枕から話を聞きたかったので、駐車場が一段落したところで私は帰ることとした。まあ、会場いっぱい立ち見席まで出たというから喜ばしいこととしてオーケーとした。家に帰り庭を見ると曼珠沙華がいっぱい開花していた。

Dsc01294

今年も、紅白ともに綺麗に咲いた。

Dsc01296

なかなか見事!すると、負けてはいないぞと足を広げて蠢くものが!

Dsc01297-2

こちらもそれなりに美しい!

Dsc01191

カラスアゲハまで飛来した!

世の中いろいろあるけれど季節は確実に秋へと踏み出した!

 

« 「お友達内閣」って、どんなお友達の集まりなのか知りたくなった! | トップページ | ウオーキングの下見に沼津港へ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お友達内閣」って、どんなお友達の集まりなのか知りたくなった! | トップページ | ウオーキングの下見に沼津港へ! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ