ウェブページ

« 忘年会スルーが流行りだそうだが、私は早五回も参加したよ! | トップページ | 正月は御猫様と御犬様の従僕になりました! »

2020年1月 3日 (金)

初日の出は拝めなかったけれど、年はあけた。 新年あけましておめでとうございます!

年末に天気予報を見たところ、31日、元日両日ともに快晴だと出ていた。

チャンスだと決意した。3年ぶりだけど、相模湾に昇る太陽に御挨拶しようと十国峠を目指すことにした。

大晦日の飲酒は早々に切り上げて眠ることとし、夜更けに家を出た。ただ、空を見上げると雲が覆っている。

海上はもっとまずいぞーと思いながらも走り続け、午前5時半ちょっと過ぎに峠についた。

駐車場は満車に近かった。ナンバープレートを見ると3年前と同じく関東、東海一円、中には関西車もいた。

レストハウス内は暖房が効いていて暖かだったが、ビューポイントを確保するためには早めに登頂したほうが良い。

震えながらケーブル駅に向かった。

Dsc03353

Img20200102_12301429

乗車!

Dsc03357

まだ真っ暗だ!3分間で頂上に着いた。既に多くの人がいたが頂上ステーション内に留まっていた。

私たちは、そのまま表に出た。

ビューポイントを確保し、海岸線を望むと、街に朝餉の明かりが灯り始めた。湯河原の街だ。

Dsc03366

真鶴岬と湯河原町の灯り

雲が厚い。

今回はちょっと太陽は拝めないかもしれない。

日の出は6時52分。刻々と時は迫る。陽は見えないもののかなりのスピードで明るくなっていく。

この日は厚い曇の割には霞がかからず遠方の見通しが利く。

薄らとであるが北東方面の水平線ギリギリに房総半島が見えた。

ならばとさらに北に目を向けコンパクトカメラの望遠を最大にしてみた。

なんと東京のビル群が見えるではないか。

Dsc03383-2

見覚えのあるあのタワーがそこに見えるぞー。スカイツリーだ!

やはり、ここは十国峠、十の国が見えることから名付けられた。

Img20200102_12260531

上総国も武蔵国も見えた。嘘偽りのない十国峠の命名だった。

結局水平線を雲が覆い日の出はダメであったが沖合に誰かが降臨しているか昇天してるかの神々しい陽光の筋が現れた。

Dsc03406-2

Dsc03417-3

十国峠標高770メートル。東京まで直線で100キロメートル。

ケーブルカーの上り下りの際ガイドの方が十国峠のセールスポイントをいくつかお話されていた。

その一つが「晴れていればスカイツリーが見えます」だった。

今日は晴れていなかったけれど見えた。

今年のスタートに当たって、スカイツリーが見えただけでも良しとしよう。

Dsc03395

伊豆半島の山々。

さて、日の出はダメだったけれど落陽はどうだろうか!

Dsc03012

駿河湾の日没風景!

Dsc03018

本年もよろしくお願いいたします! 

 

« 忘年会スルーが流行りだそうだが、私は早五回も参加したよ! | トップページ | 正月は御猫様と御犬様の従僕になりました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「明けましておめでとうございます」
率先垂範は 管理職にある人の言葉。
和国王子様、威厳に満ち、心穏やかですね。
光のカーテン、光のシャワーってとこですね。
展望に立つ人は 人生の見晴らしが素晴らしい。
行動力のある人は 仏教で云えば 菩薩様。

アットマンさん!あけましておめでとうございます!
コメントありがとうございます。
私は不信心な者なのですが、仏教で説くことは、比較的納得できることが多いいですね。といっても、鎌倉仏教やら平安仏教などより以前の仏教ですが。
特に菩薩が目指した悟りの中身、諸行無常や諸法無我などはなんとなくわかるのですが、その境地に達するのは普通の市民にはなかなか難しいですね。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘年会スルーが流行りだそうだが、私は早五回も参加したよ! | トップページ | 正月は御猫様と御犬様の従僕になりました! »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ