ウェブページ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 宵闇迫るルクソール神殿、そして再びライトアップされたカルナック神殿へ! | トップページ | 暖冬だといっても、白馬の山は期待に応えてくれた! »

2020年2月28日 (金)

荒涼として、乾ききった地、まさに死者の町だ!

モーニングコール午前4時30分。

朝食午前5時。

そんなに早く?と時間だけ聞くとすごく過酷に聞こえる。でもうまい具合に体内時計は整いつつあり起床コールの前には目が覚めていた。

出発午前6時、死者の町に向かう。

Dsc04438-2

途中、田園風景が広がっていた。さすが大河のそば、農地が拓けているのだ。

ロバに引かれてのんびり野良に向かう人が私たちに挨拶した。

明るくなったけれどまだ陽は上っていない。

死者の町に近づいた。もうすぐ日が昇りそう。

Dsc04456

気球が舞い上がった。

死者の町を鳥瞰しようとする人が中空に吊るされた籠から見下ろしているのだ。

Dsc04462

日の出だ。

Horizon_0001_burst20200128065101072_cove

死者の町、まさに名が示す通りの場所。荒涼とした光景が広がっていた。

でも朝日に照らされた大地は意外に美しく感じられた。

先ずは王家の谷へ!

Dsc04468

この場所に多くの王達が眠っている。

私たちは電気自動車が牽引するトラムで王家の谷に入っていった。

Dsc04534

ここにツタンカーメンの墓があり、なんとミイラが横たわり、拝むことができた。

Dsc04550

下車すると墳墓の入口があった。

Dsc04474

人を寄せ付けないような乾燥した荒野の地下に至宝が埋もれていた。

Dsc_0411

Center_0001_burst20200128071645295_cover

何千年も眠っていたとは思えぬ鮮やかな壁画だ。

その先にツタンカーメンが眠っていた。

Horizon_0001_burst20200128090937120_cove

ツタンカーメンのミイラ(詳しくは最終日の考古学博物館で)

 

この王家の谷に限らなかったのだけれど、面白いことがあった。

写真撮影についてだ。

カメラで撮影したい時は300エジプトポンド(1ポンド6~7円)を支払いカメラチケットを購入すれば可能になるのだが、不思議なことにスマホのカメラ機能を使った場合は無料なのだ。

今ではスマホカメラの性能はコンパクトカメラに比べても遜色がないのだがね。

それどころかワイド画面では勝るかも知れない。

私は墓の中などはすべてスマホで撮影した。

次は王妃の谷へ。

Dsc04582-2

Dsc04602

ハトシェプスト女王葬祭殿だ。現代建築だといっても通用しそうな造り。

さすが古代エジプト初の女性ファラオ(在位 BC1479~BC1458)。

Dsc04622

Dsc04639

立地条件は過酷だ。

「すごいなー」と夫婦で写真を撮っていると、現れたお兄さんがいた。

Dsc04647

満面に笑みをたたえ近づき、私達を撮影してくれるというのだ。

何枚か写し終わったところで自分を撮影しろと言ってきた。(上の写真)

結局、有料だった。まあ、いいか。

でも癖にするとまずいよな!この遺跡にとっても、日本人観光客にとっても。

反省。

何処の観光地でもそうだが、土産物屋の客引きは懸命に声をかけてきた。

Dsc04551

Dsc04552

我々の風貌を見て、日本人か中国人と判断する。

大阪弁で「おおきに、安いよ」と日本語で言ったかと思うと「ニーハオ」と声をかけてくる。

共通しているのが「ワンダラー」だ。売っているものが必ずしも1ドルでないはずなのだが、客が通ればワンダラーワンダラーと叫んでいた。

ま、エジプト風物の楽しい思い出だ。

クルーザーに戻る前に寄ったのは「メムノンの巨像」。

Dsc04690

Dsc04694

なかなかの迫力だった。古代エジプト黄金期の第18王朝の王の一人アメンヘテプ三世の象だ。

西岸・死の町からクルーザーの停泊する東岸に戻る。

帆船ファルカーに乗船し全員が救命胴衣を身につけ渡河した。

ナイルは穏やかに流れていた。

Dsc04701

さあ、戻り乗船すればアスワンに向けてのクルージングが始まるのだ。

クルージングの航海?(航河)日記は一休みし、次々回から再開として、ひとまず暖冬・コロナの日本に戻るぞー。

 

« 宵闇迫るルクソール神殿、そして再びライトアップされたカルナック神殿へ! | トップページ | 暖冬だといっても、白馬の山は期待に応えてくれた! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宵闇迫るルクソール神殿、そして再びライトアップされたカルナック神殿へ! | トップページ | 暖冬だといっても、白馬の山は期待に応えてくれた! »