ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ひたひたと、深々(しんしん)と、いや粛々と(?)飢えが迫っているのじゃないよね? | トップページ | コロナは武漢の研究所からの漏れだと強弁してきたが、今度はUFOがばら撒いたことに? »

2020年4月24日 (金)

コロナ禍で不安を掻き立てられる最中だけれど一縷の希望が見えた!

Dsc08178

我が家の楓の若葉と青空

こんな禍の中で希望などと云うと不謹慎だとお叱りを受けるかもしれないけれど、Sponichi annexのニュースを見て前途に光が射したのだ。

インド・ニューデリーでこの3月25日からロックダウン(都市封鎖)が開始されたのだが、スモッグが激減したというのだ。

ニュースの見出しは「ロックダウンでインドの自然環境が劇的な改善、スモッグ消滅」だった。

具体的な数字として空気中の微粒子状物質PM2.5が22%減少し、さらに二酸化窒素濃度が15%ダウンしたという。

モヤが晴れ渡っただけでなく、ガンジス川の水質までもが改善したようだ。

Img_2942

2005年3月 インド・バラナシのガンジス川にて

Img_2943

地球環境の悪化はもう後戻りできないのではないかという将来への危惧が常にあった。しかし、ここに来てコロナ禍による工場などの操業停止をはじめとする人間活動の減少が生じさせた結果なのだが、人間のやりようによってはまだ環境の保全が可能なのだということをインド報道は示してくれた。暗い現実が取り巻いているが前途に光明を見出したような思いになった。

Img_2944

もちろんコロナは猛威を振るっている。

インドで3月25日時点では700人弱であった感染者が、一ヶ月も経たない4月22日には2万178人となり、2日前よりも2,500人近く増加した。(読売新聞オンライン 4月22日)

ちなみにアメリカは82万5,306人の感染者と4万5,675人の死者とひどい状態だ。

 

こんな惨状であるにも関わらず、光が射したなどとふとどき発言をしたのは先の個人的な感想とともにワケがある。

実は、たまたま放送大学の『「人新世」時代の文化人類学』第二回講義を視聴したばかりだったからだ。(BS放送大学4月11日録画)

Dsc08180-2

放送大学は、無料で視聴できる。

科目テーマごとに15回に渡って講義があり、なかなか面白く基礎的であるがしっかり体系的に学ぶことが出来る。私は、年度初めなどに番組表(カリキュラム)を見て興味あるものを録画し、気分が向いたときに視聴するのだ。決して単位を取れるような見方でもないしテンポじゃないけれど。少なくともTVニュースを視聴するだけより納得したような気分になる。

この4月に始まった講義ではこの「人新世」に加えエジプト旅行の繋がりで「中東の政治」を選択し毎週予約で録画セットした。

ともに大変面白い。

「人新世」第二講でどんな話を聞いたかというと、現在の地球温暖化や種の絶滅の危機など環境に関わる問題の始まりと現在についてであり、なによりも人による地球環境改変を放置できないという話だった。

歴史上この危険な地球環境改変が推し進められたのは18世紀後半からの蒸気機関活用と工場制生産システムなどが急展開した産業革命や資本主義体制の確立以降だった。

さらに改変の大加速化が始まったのは第二次世界大戦後の1950年代であり、改変のカーブを右肩上がりの急上昇にしたのが1990年代に始まったグローバリゼーションだというのだ。

この推移をグラフで見ると取り巻く環境について改めて恐ろしくなるほどよく分かる。放送大学の話の中でもグラフが使われていたが見づらかったので別のグラフで見てみよう。

201720japanese_1-2_20200424114201

国連人口基金ホームページより:世界人口推移

1950年と2011年の比較でも世界人口は3倍近くになっている。

エネルギー消費量を見るとまさに似たような曲線を描く。

020_20200424114601

NIRAエネルギーを考える未来の選択・エネルギー消費量の変化

18世紀半ば頃から上昇が始まり、20世紀に入るやとどまるところを知らなくなる。

Dsc08181-2

「人新世時代の文化人類学」より

二酸化炭素濃度を見てみよう。

Global_temperature1-2

1960年から2015年までのCO2濃度と気温の変化グラフだ。(日刊温暖化新聞アーカイブより)

そして動植物の絶滅はどうなっただろうか?

E_0055_li-2

学研キッズネットより

100年前までは絶滅する生き物は一年間で一種類だったのに。今じゃ40,000種だという。

恐ろしい。

こんな話をじっくり聞かされたので、インドでのできごとは病で苦しんでいる人が居るとは言えど朗報に聞こえてしまったのだ。

Dsc_1212

我が家の玄関前に咲く「都忘れ」

ところで、「人新世」ってなんだろう。ブルーレイを早戻してもう一度見てようやく少しわかった。

ちょっと大ごとだった。前にも触れたように人類の活動が地球に対して、大きな影響を与え地球環境の改変までしてしまっているのだが、それが地球の地層レベルまで達し、地層に跡が残るというのだ。私もそこまでのスケールでは考えてもみなかった。

そこで改めて地質年代を見て何となく分かった。古生代カンブリア紀とかジュラ紀などは聞いたことがある。ジュラ紀などはアンモナイトの化石などが多産する地層として覚えていた。その流れの中で「新世代」という区分に行き着く。そして新しい地質時代としての「人新世」に続くようだ。放送では「人間活動の地球への影響を表した概念」と説明していた。

Dsc_1210

満開になったドウダンツツジ

講義の中でもう一つ興味を引く話があった。

1990年代に人間の活動がさらに急激な地球環境改変を進めたのは、その当時に台頭してきた新自由主義とそれによるグローバリズムのようだ。

そしてそれぞれの定義が面白い。

新自由主義とは「最小限の政治組織による最大限の統治」であり、グローバリズムは一般論としては地球共同体主義的に理解されてもいいものなのだが、実態としては「地球市場の統合化であり、富と権力の集中による経済格差、弱肉強食化を産み、貧困層が使い捨て労働化され(不安定な雇用・労働状況における非正規雇用および失業者)、そして経済を最優先するばかりに社会、文化、福祉をおろそかにするイデオロギー」という事のようだ。

アメリカではコロナの犠牲者の総数は初めにも触れた通りであるが、その中身を見ると犠牲者の多くは黒人であったり、ヒスパニックの人々だ。

昨年のハリケーンの犠牲者の多くも同様だったと聞いている。

日本で言えば、小泉内閣の時の行政改革も新自由主義の流れの中で断行された。郵政改革のみならず今問題になっている保健所や医療機関の統廃合などもその流れに続く。

どうも、今の流れは地球や人類という大きな枠組みのみならず、日々の暮らしにもよくないようだ。

コロナ明けにどうなるだろうね?せっかくの光明も従来の流れが変わらなければ風前の灯のようにかき消されるか?そのまま流され藻屑となるか?いや消されたくないし、藻屑にもさせたくないね!

 

 

 

 

« ひたひたと、深々(しんしん)と、いや粛々と(?)飢えが迫っているのじゃないよね? | トップページ | コロナは武漢の研究所からの漏れだと強弁してきたが、今度はUFOがばら撒いたことに? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このニュース・・・私も見ました。
インドだけでなく世界的に環境が改善しているとか!!!。
人間活動が自然を破壊していることが良く分かりますね。
この機会にコロナ騒動が終息したら、自然環境の問題を
考えると良いですね。

マーチャンさんコメントありがとうございます。
まったくそうですね。
多分、工場が立地している市町はどこも空が綺麗になっているかもしれませんね。
コロナ禍が長引き、普通に働けない時が長引くとさらに困ることになりますが、これを機会に地域のこと、大きくは地球環境のことを考え、何らかの実践がされれば良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひたひたと、深々(しんしん)と、いや粛々と(?)飢えが迫っているのじゃないよね? | トップページ | コロナは武漢の研究所からの漏れだと強弁してきたが、今度はUFOがばら撒いたことに? »