ウェブページ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« さあ、GO TO 開花だ! | トップページ | 猛暑にめげず、我が庭に今年は四種類の「百合」が開花したよ! »

2020年7月31日 (金)

リュウゼツラン~数十年ぶりに開花した・・・見てきたよ!

リュウゼツランが数十年ぶりに開花したと新聞に出ていた。

でも、名を聞いただけでは何もイメージが浮かんでこない。

私はこの植物名を知らなかった。

我が連れ合いは知っていた。とても珍しい稀なる現象のようだ。

それでは、行ってみようということになった。三密を避けることは当然とし、マスクをしっかり付けて車に閉じこもりながら行ってきた。

008-2_20200731132501

まずは、どんな植物だろうか?

Dsc09161-2

これか!

公園など少し広い庭園に行くと、よく見かけるではないか。

でも、花など見たことはなかった。

メキシコ原産で英語ではセンチュリープラントと呼ばれているという。

まさに「世紀の植物」・・・100年に一度花を咲かせる・・という意味を含んだ名前なんだ。

それではどのように花を咲かすのだろうか。

Dsc09149-3

 

遠目に見た時、上手く剪定された針葉樹の一種かと思った。

近づいてみて初めて分かった。肉厚の葉の間からニョキッと茎のようなものが伸びている。

そして、上部に一見、松かと思わせるようなものが茂っている。

実は、下の写真がその正体。

Dsc09143-2

Dsc09141-2

どうも、花の盛りは過ぎたように見える。

数十年に一度とはいえ花を咲かすにあたり茎をこんなにも伸ばす植物など初めて知った。

聞く所によると、開花の決意が固まると一日に10センチほどずつ茎を伸ばし、場合によっては7~8メートルにもなるのだ。

そして劇的というか壮絶なのは花を咲かしながら根元に子株を残し、花枯れと共に本体も枯れ死するのだそうだ。

ちなみにこの驚くような伸びをする茎が酒造りに役立っているのだ。

メキシコの酒といえば塩を舐めつつ飲むと言われるテキーラ。この茎の基部の汁から作るんだって。

ついでに言えば塩を舐めるのは大酒飲みがつまみ無しでも酒と塩さえあればというのでなくて、塩を舐め唾液の分泌を促進して喉を守るためだそうだ。

なにしろこのテキーラのアルコール度数は35%~55%と法で定められているそうだ。55%はきついね。

ついでに私ごとだけれど、昔、今よりもうちょっと若い頃、中国雲南省昆明に行った時、白酒(パイチョウ)の50度をストレートで舐めた。飲んだのではないが一発で喉が燃え上がったかのようだった。

続いて北条氏の実家跡地へ

ここは伊豆の国市。

となれば2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で中心人物となる鎌倉幕府二代目執権北条義時が頼朝の妻となる政子とともに育った市内韮山にある館跡地を見ることとした。

現在は痕跡さえもないけれど、旧伊豆長岡にある守山を囲む広大な土地に館を構えていたようだ。

現在も国道136号線沿いにある成福寺などの境内もその土地の一部だったようだ。ちなみにこの寺の住職の苗字は北条なのだ。

守山の横を流れる狩野川沿いの屋敷跡地傍の公園駐車場に車を止めた。

Dsc09196-2

車は何台か駐車しているが外を歩くものは一人もいない。

狩野川は雨続きの中で増水したまま流れていた。

Dsc09171_20200731161801

 

Dsc09191-2_20200731161201

この地、2年後の大河ドラマ放映時までにどのように変わっていくのかな。

あれこれ、自然をいじらないほうがいいと思うのだが。

跡地に立ち、来し方行く末に思いを巡らせばいいじゃないのかな。

Dsc09193-2_20200731162801

守山ふもとの館跡地とされているところ。

そして守山の登頂口。

Dsc09210_20200731162901

振り返り川原を見ると川には釣り合わないものが鎮座していた。

Dsc09173_20200731163501

なぜ、こんなところに井戸?

私も座り、じっと思いを巡らした。

 

« さあ、GO TO 開花だ! | トップページ | 猛暑にめげず、我が庭に今年は四種類の「百合」が開花したよ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
リュウゼツラン、名前だけは存じておりましたが、
凄いお花が咲くのですね?
ご覧になられて良かったですね?
次に咲くまでは〜?

テキーラの原料は聞いた事ありますが〜!
サンクトペテルブルクとモスクワへ行った折り
ウオッカを舐める程度で頂きましたが、やはり手の甲に
お塩を乗せ舐めてからでした!

マコママさん!コメントありがとうございます。
リュウゼツラン、アオノリュウゼツランといくつかあるようですが私も詳しいことはわかりません。でも、花を咲かすためにこんなに茎を伸ばすとは正直驚きました。
ウオッカも強いお酒ですね。
一度はウラジオストクからシベリア鉄道に乗り、ウオッカをチビチビ舐めながら車窓からの眺めを楽しみモスクワを目指したいものです。でもコロナやらプーチンさんをめぐる政争でしばらくはのんびり旅もできませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さあ、GO TO 開花だ! | トップページ | 猛暑にめげず、我が庭に今年は四種類の「百合」が開花したよ! »