ウェブページ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 再び富士へ!でも、山は風まかせだった。だけど、行けば何かある! | トップページ | 天気予報では快晴だ。いくぞー河口湖。 »

2020年11月 5日 (木)

ラブライブサンシャインの電車に乗って温泉だ!やっぱり気持ちはいいー!

♨ 温泉施設から案内が届いた。利用ポイントの有効期限が今月で切れるというのだ。

でもなー、このコロナ禍。ポイントは失っても、命は失いたくないしなー!

001_20201026133101

まあ、一年間訪れていなかったということだ。

久しぶりだから行ってみたい。そこで、安全について何か手立はないかと沈思黙考した。

答えがでた。

施設は静岡県内に何箇所かある。その中でこれまで、とは言っても滅多に行かぬのだが、主として御殿場市の施設を利用していた。

コロナ感染を避けるならば、なるべく幹線道路・高速道路から離れることも一つだ。

そんな浅はかな考えではあったが、伊豆・修善寺温泉が良いと判断した。

久しぶりに電車を利用した。三島市と伊豆市を結ぶ伊豆箱根鉄道駿豆線。

そのラブライブサンシャイン電車だ。

Dsc00683-2

Dsc00680

キャラクターの女の子たちの出身地がこの辺りだということで採用され電車は賑やかに飾られていた。

電車に乗るのは一年ぶりだ。

なぜかスピードを感じ、怖いぐらいだった。

単線で、家屋の脇をすり抜けるように走っていたからだろうか。

微妙に横揺れを感じたからだろうか。

Dsc00700Dsc00701

私など、自ら運転する車では、新東名高速道路を走行時には120kmも出しているというのに己がコントロールできないというだけで怖さを感じてしまう。

その点、奥様はジェットコースター大好きの怖いもの知らず。

私は出来るならば避けたい。

コースター、くわばらくわばら。

 

ところで、車内はコロナに関しては安全だった。

四人席に一人座り、なおかつ、向かい合わせ席が一組置きに空席だった。

伊豆の国市大仁駅に着いた。そこから送迎バスに乗った。

狩野川を超えると伊豆市修善寺の伊豆温泉村だ。

Dsc00432-2

Dsc00417

Dsc00427-2

Dsc00403-2

受付カウンターで の検温をクリアーし入館した。

やはり温泉の湯はいい。

大きな浴槽に手足を伸ばしゆったりと浸かる。

しかも十ほどある大浴槽にそれぞれ一人ずつしかいないという贅沢だ。

かつ、安全だ。

三時間ほどの間に途中休憩をしながら二度浸った。

その後、狩野川べりを散策した。

Dsc00446-2

狩野川と城山だ。高架は伊豆中央道。

Dsc00468-2

英気が養われた。

ポイント有効期限も一年伸びた。

明日も動くぞー!

Dsc_1605-2

三島市近辺からの富士の眺め。山裾が東に長くのびている。

さあ、次は再び湖だ!

 

« 再び富士へ!でも、山は風まかせだった。だけど、行けば何かある! | トップページ | 天気予報では快晴だ。いくぞー河口湖。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「今晩は」
富士山の長い稜線がビュディフル。
城山を攻めるか 騎馬隊の高架、歩兵の川岸。
構図が大胆、攻撃成功を約束されましたなぁ~。

 今日は。
自然からパワーを貰う事、
これに勝るエネルギーは無いですね♪♪

昭和35年位の写真があるのですが
当時の城山はゴツゴツの禿山でした。
48年頃はかなり増毛が進んで面変わりしてしまい・・
今はフッサフサ、若返って別人です!!

スンヅ線も凄くおしゃれです~
その上、スピードアップですか(^^♪

天城嶺は心休まりますね。大好きです。

 

アットマンさんコメントありがとうございます。
南北朝時代(1361年)、城山には畠山国清が城を築いていたようです。しかし、鎌倉公方との戦いで敗れました。アットマンさんのような騎馬隊や歩兵を指揮できる軍師がいれば良かったのにね。

むうさん、コメントありがとうございます。
私も自然は大好きです。
このところ三密を避けて箱根やら山梨富士五湖などを歩いていますが、山も色々と変化しています。人工的な加工や気候の変動、自然の生命力による変化等様々ですが、このところ山々の木々が以前に比べ大きく育っているような気がします。別荘地域でもジャングル状態でした。江戸時代末期には京都嵐山も禿山だったそうですね。これは燃料用の薪として伐採されたからだそうです。
いずれにしても木々の緑、これからの紅葉はいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び富士へ!でも、山は風まかせだった。だけど、行けば何かある! | トップページ | 天気予報では快晴だ。いくぞー河口湖。 »