ウェブページ

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 噴煙・灰から逃れた猿たちはまだ戻っていなかった!箱根・大涌谷にて! | トップページ | 森と泉に♦♫♦・*:..。♦♫♦そして水田に囲まれたゴルフ場! »

2021年6月18日 (金)

箱根・芦ノ湖はドライブコースの立ち寄り所だったが、じっくり湖畔に佇み、散策するもいいな!

箱根はこれまで一、二年に一度はドライブの途上に寄らせてもらった。

其処此処に人気スポットがあるにも関わらず、当地にじっくり逗まり、散策するということは少なかった。

前回紹介した大涌谷もそうであるし、仙石原やら、数多くある美術館などにも、ほとんど行かず仕舞いか、行っても一度、二度という塩梅だ。

ただ、芦ノ湖畔には必ず寄って湖を撮影したり、海賊船を眺めてはきた。

Dsc_4414-2

元箱根港に停泊する海賊船

私、この「海賊船」に未だ乗船したことはない。

今日は諦めたけれど、次はきっと乗るぞ!

視線を右に動かしていくと見えてくるのが鳥居だ。

Dsc03810-2平和の鳥居

この佇まい、なんとも厳かではないか。

箱根には三つのパワースポットがある。

1、箱根神社 2、箱根元宮(箱根神社の奥宮)3、九頭竜神社 だ。

1のスポット箱根神社の正参道が湖水まで続いていて、その先に立っているのがこの「平和の鳥居」だ。

建立は1952年。サンフランシスコ講和条約締結を記念したものだそうだ。

今回は遠景で良しとするのでなく、周辺を散策してみた。

Dsc03845

この先に湖畔に降りる道が左に、そして社に続く石段が右にある。

まずは左に。

Dsc_4445

湖に沿った遊歩道だ。

Dsc03850

Dsc03855

鳥居についた。

Dsc03854

コロナ禍でなければ、ここは撮影スポットとして行列になるそうだ。

そして夜も更けると。

058-2

と言うのは事実じゃない!構造はそっくりだけどね。

これは、厳島神社大鳥居。(2009年10月 広島に行った折のナイトクルーズにて撮影)

箱根神社が源頼朝を筆頭に関東武士の崇敬を受けた神社だったのに対し、厳島神社はまさに好敵手だった平清盛の創建だものね。

さて、本殿に行ってみるか!

Dsc03843

右にあった本殿に続く石段。

そして、湖畔からはさらに急な石段。

そして、見事な並木。

Dsc_4425

中途に手水舎があって、そこの鳥居をくぐりさらに登る。

Dsc03820

そして本殿だ。

Dsc03824

Dsc03827パワースポットとして3番目に九頭竜神社を上げた。

九頭竜神社本宮は、この箱根神社から湖畔沿いに北西に向かい4kmほど行ったところにある。

でも・・・・・である。

恥ずかしながら、ここで初めて知ったのだが、同じ境内に九頭竜神社新宮があったのだ。

Dsc03828九頭竜神社新宮

別の神社が何故同じところにあるか?と思い訊ねたところ次のようだった。

九頭竜神は箱根大神が生み出す「生命の根源である水の力」を守護神として司ってきたのだ。

だから、御一緒していいのだ。そういうことなのだ。

この九頭竜神は強力なパワーがあるのだが、とりわけ衆生にご利益を与える分野は「縁結び」なのだそうだ。

それで、知る人ぞ知る「良縁祈願」の聖地的存在なのだ。

私の場合、既に「良妻賢母」を自認するお方が伴走しているので、ここはコロナ禍の速やかなる収束を祈願するだけにして帰途についた。

 

« 噴煙・灰から逃れた猿たちはまだ戻っていなかった!箱根・大涌谷にて! | トップページ | 森と泉に♦♫♦・*:..。♦♫♦そして水田に囲まれたゴルフ場! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 噴煙・灰から逃れた猿たちはまだ戻っていなかった!箱根・大涌谷にて! | トップページ | 森と泉に♦♫♦・*:..。♦♫♦そして水田に囲まれたゴルフ場! »