ウェブページ

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ドブ川転じて農業用水、生活用水、そして子供の水浴場に。さらに「平成の名水百選」認定へ! | トップページ | もの憂げに 彼岸を想う 蛙かな・・・でなくて、実は厳しい食物連鎖の一端だった! »

2021年9月24日 (金)

温水池とは冷たい湧水を温める所だったんだ!

さあ、目指すは温水池。

温水池は冷たい湧水を灌漑にちょうどよい具合に温めるところなのだ。

農業に携わっていれば、言わずと知れたことなのだろうが、勤め人の家に生まれ、自らも勤め人となり、さらには勤め人と一緒になって現在に至るわけで、恥ずかしながら初めて知った。

繁華街を抜けて先に進んだ

Dsc05841-2

水の流れとともに森の中に入って行くかのようだが、実は住宅街の中なのだ。

近くにはTEC(東芝テック)の大きな工場もある。

Dsc05837-2

両岸には花が咲き、木が覆いかぶさる。

Dsc05846-2

NPOの方々が目標として、努力されたことの一つが三島梅花藻(清流に育つ多年生の水草)の育つ川だった。

Dsc05892-2

流れに美しく映える三島梅花藻

温水池に着く前にこぢんまりとした公園があった。

Dsc05862_20210922181201

公園は流れの右手に広がる

Dsc05874-2

水の苑緑地と名付けられていた。

ここで小休止。

Dsc05878

池のそばに歩み寄ると出迎えの魚列が姿を見せた。

鯉たちだ。水の中から私たちがどの様に見えているのか知らないが、地元の人にも可愛がられているのだろう。恐れることなく歓迎の泳ぎを披露してくれた。

Dsc_5190-2

ここから流れはJR三島駅から下ってきた道を潜りぬけ、国道1号線の傍に向かう。

そこは箱根芦ノ湖まで車で40分弱で着く所に位置している。

Dsc05871-2

子供たちが楽しそうに水遊びをしていた。

Dsc05909

気持ちいいね。気をつけてね!

Dsc05911-2

もうすぐ温水池だ。

Dsc_5211

ここで流れは最後の道路もぐりで、国道1号線の下をくぐる。

温水池到着。

Dsc05931-2

鴨の集団が何故かこの大柄の鳥に仕切られていた。

Dsc05929

Dsc05930-2

道のり1.5キロメートルと、散歩に程よい距離だった。思った以上に自然と接することができた。

このあと最寄りの駅である三島二日町駅に向かった。JR三島駅から3つ目の駅だ。

スマホアプリのY! MAPを使って道を探りながら1キロメートルほど歩いただろうか、無事駅にたどり着き、電車に乗って帰路についた。

この日の歩数は9578歩だった。

« ドブ川転じて農業用水、生活用水、そして子供の水浴場に。さらに「平成の名水百選」認定へ! | トップページ | もの憂げに 彼岸を想う 蛙かな・・・でなくて、実は厳しい食物連鎖の一端だった! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

温水地、懐かしいです。
半世紀ほど前まで、温水地のほとりに「静岡食糧事務所三島支所」があり、何度も訪れた記憶があります。
一度行ってみようかな。

徘徊老人さん、コメントありがとうございます。
市民がこぞって「水の街」を大事にしているようです。
今年は特に水量が豊富です。
ただし、雨の直後は、日程を検討したほうが良いみたい。
歩くべき石や板が水没してしまうからです。
楽しんできてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドブ川転じて農業用水、生活用水、そして子供の水浴場に。さらに「平成の名水百選」認定へ! | トップページ | もの憂げに 彼岸を想う 蛙かな・・・でなくて、実は厳しい食物連鎖の一端だった! »