ウェブページ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2020年8月21日 (金)

詐欺メールに注意しよう!でも、本物のアマゾンセキュリティはしっかりしていた。

このところ、ディスクトップパソコンのメールに迷惑メールが頻繁に入る。

そしてその中に詐欺メールと思われるものがいくつか含まれている。

詐欺師に名を悪用されている会社の一つが「Amazon」だ。

コロナ騒ぎの中でAmazonなどの通販会社が活況だと聞いたが、それに乗ずる詐欺なんだろうな。

彼らの狙いはクレジットカードの番号やら、銀行口座のパスワードなどをあれこれの手口で盗み取ることだ。

でも、詐欺にしては児戯的だ。

Dsc09378-2

Dsc09380-3

Dsc09383-2

見て分かるように、アマゾンと最初に表示されていながら、後に続くアドレスが全て違うのだ。

アマゾンの最初の文字のAがaになっていたりと少し注意すれば変だと思うレベルだ。

共通しているのは「お支払い方法の情報を更新」と見出しに示し、あたかもメンテナンスのように見せかけながら情報を騙しとろうとしていることだ。

ただし、このようなおかしなメールは一切開かないこととしているのでその先は知らない。

Dsc09428-2

暑さにもコロナにも負けず毎日開花するハイビスカス!

詐欺師は国際的だ。英文メールが届いた事も何度かある。「○○によりあなたを相手に訴訟をすることになったので期日までに✖✖✖しろ」と脅かしてきた。脅かし詐欺は以前身内にハガキでも来ていた。差出人は偽官庁であり「法務省個人情報別室監理官」などと本物かと見紛うかの名称になっているわけだ。

でも、身に覚えのないものは相手にする必要はない。相手にせずにいたからといって、これまでに訴状が届いたことなど一度もないし、司直が動いたわけでもなかった。

子供じみているのは、半年ぐらい経たところで同文で再び同じようなものが届く事がある。前回は期日が2月末だったものが、今度は8月末だったりだ。多分ではあるが詐欺グループが掴んだメールアドレスを機械的に処理し、何千件のうち一つでも騙すことができれば彼らは御の字なのだろうな。

Dsc09395

Amazon の タブレット

ところで、今回たまたまであるが本物の「Amazon」セキュリティの確かさを試す機会があった。

 

今、コロナ危機やら米中危機の最中にあって(米中はさておいて)多くの人びとが引きこもりを余儀なくされているが、私も旅立つことができず彼の地に赴けないため、録画しっぱなしだった映画やらTVドラマを次から次へと観ている。

地上波民放のドラマはだいたい1タイトルにつき1クール10話ぐらいでBSのWOWOWであれば5話ぐらいで完結する。

晩酌を開始すると同時に見始めて3話から面白ければ4話ぐらいを見る。かといって3時間も4時間もかかるわけではない。

ま、途中で眠ってしまうこともたまにはあるが、スポンサーには悪いけれどコマーシャルは全部飛ばすかあらかじめチャプターカットしておくからだ。いずれにしても10週分を3日ぐらいで見てしまうのだ。

Dsc09387-2

視聴しようとしたのは TWO WEEKS。(2019年7月16日スタート)

話を戻せば、今回視始めたドラマ「TWO WEEKS」は10話完結なのだが、何故なのか最終回が録画されていなかった。

そこで一計を案じ、最終回だけAmazon prime videoを利用することにした。

いままでもNHKオンデマンドなどパソコンからアクセスし、TVと接続して大画面で見ていた。

今回もと思ったのだが、Amazonの当初契約はタブレットのみ視聴できるように登録してあり、残念なことにタブレットにはテレビと接続するためのジャックがない。Wi-Fi等を駆使すればTV画面でみる方法もあるようだが、その場合最新のTVでなければダメといった別条件があるみたい。

それではとノートパソコンで登録暗証番号などを入力してアクセスに挑戦したのだが機器が異なるとの反応があって、結局新たな手続きをしなくてはならなかった。(追加料金は無し)

ここからがAmazonセキュリティについて感心したことだ。

ノートパソコンで手続きをはじめるとまずは登録してあるメールアドレスとパスワードを入力しろときた。

メールはタブレット用のものでなくディスクトップの別メールアドレスを登録してあった。入力してみた。すると第一回の確認コードがディスクトップの方に送信されたとのメッセージがでた。

急いで立ち上げ確認すると、「このコードは今から10分だけ有効」とあった。短時間だ。

ディスクトップは2階に置いてあり作業は1階でやっていたので行ったり来たりだ。

10分以内で入力すると、次はスマホの電話番号を入力せよとメッセージが届いた。

入力してしばらくして今度はスマホのメールに第二の確認コードが届いた。

入力してノートパソコンでの視聴が可能となった。ドラマはテレビの大画面で無事視ることができた。

まさに本人が自宅にいて4つの機器が揃っていることが前提で、アドレスもパスワードも知らなければ操作できずオーケーにならなかった。

ここに至りAmazonセキュリティシステムに少し安心した

Dsc09388-2

ところで、見ようとしたドラマは視聴しはじめてから気がついたのだが、先日亡くなったばかりの三浦春馬さんが主人公だった。

三浦さんは迫真の演技をしていた。

ストーリーもよくできていると思った。

最近のドラマに比較的多いのだが、腐敗した権力とそれに癒着する悪人などがしっかり描かれ、それを許さないぞーというメッセージも伝わってきた。

改めて三浦春馬さんを失ったことが残念に思えた。ご冥福を祈ります。

Dsc09390-2

Dsc09403-2

空から舞い降りてくるかのユリの花。今週開花。

2016年5月 9日 (月)

はるか昔、富士のふもとに石造りの神殿がありました!

Photo_2
 
この神殿が富士山浅間神社になり、凱旋門のような建物がデフォルメされて鳥居になりました。
めでたしめでたし・・・・・・なんて言うことはないですね!
 
実は、身内がこの連休中にシンガポールに出かけた。
そしてマーライオンを背景に写した面白い写真を見せてくれた。
マーライオンの口から出ている水を自らの口で受ける構図だ。
これにヒントを得て、もっと面白く写真を加工できないものかと考えた。
 
一昔前、デジカメをいじりはじめた頃、フイルムカメラに比べあれこれ加工ができることから市販の画像加工ソフトなどを買って切り抜きや貼り付けなどをして喜んでいたものだ。
しかし、WindowsがXPやらセブン、そして今やテンと次々にバージョンアップをしていった。
いつしか、お遊びソフトは不具合になり、あえてソフトをバージョンアップや購入もせずに現在に至った。
そんな時に先ほどのいきさつから遊び心を刺激された。
しかし、買ってまではやる気がしないし、フリーソフトはどうだろうかと探ったところ、上の写真のように加工が可能なものが見つかった。
今は市井のプログラマー達がかなりのスグレモノを無償で配布している。
ただ、注意しないといつしか有料ページに引き込まれていたりする。
また、とんでもないところに自動アクセスするなんてことにもなる。
要注意!
でも、私の場合、重宝しているフリーソフトがある。
一つは友人に紹介された画像サイズ縮小ソフト。
二つがブログを丸ごとコピーできるソフト。
これなどは、自ら書いてきたブログをスタートから現在までまるごとコピーでき、ネットを経由せずに何時でもそのまま見ることができる。掘り出し物だった。
三つ目が今回の加工ソフト。
機能は限られているが何しろ無料だ。
ウイルスには気をつけてください!!
写真は駿河湾に浮かぶ富士山とトルコのエフェソス遺跡の合成。(撮影は私)
 
 

2014年7月13日 (日)

ちょっと待った!まだ捨てないで!

ノートパソコン二台がほぼ同時に故障した。

一つは持ち運び用で14.1型の小ぶりの「7」。

もう一つは机の上に鎮座しっぱなしの「VISTA」。

「7」はまだ保証期間内であったし、データはほとんど外付けハードデスクで管理していたので電気屋に持ち込んで無料で修理。内臓ハードデスクが壊れていた。

もう一台の「Vista」・・・・これはとうの昔に保証期間など切れている。

立ち上がらずリセットを繰り返した。しかし、ディスプレイに何も現れてこない。

その内わかってきた。立ち上がっているが表示されていないだけだと。

Enterを押すと反応する、ディスプレイのバックライトか何かが壊れたのではと思えてきた。

そこで、我家で預かっていたプロジェクターにつないでみた。そしてファンクション3を押した。

なんと、壁に大きくスタート場面が映し出された。

PCは壊れていない。

決めた。このノートパソコンをデスクトップとして使おうと。

さっそくディスプレイだけ買ってきた。

PCを買い替える価格の十分の一で大画面パソコンがよみがえった。

Deskda_002
ま、ちょっと狭くなったけれど当分はOKだ。

簡単に捨てないにしょう!画面は真っ暗でもPCは生きている。そして、頻繁にデーターを別ハードデスクにコピーしよう!

ブログも再開だ!

2014年1月25日 (土)

ユーチューブって最近すごいね!好みのデーターベースになっている!

ユーチューブをのぞいてみた。

私の場合は、デスクトップにユーチューブのショートカットを乗っけてある。
そして、そこをクリックするとCharの「三人の侍 Come Together」にひとっ跳びする。
これには深いわけがあるのではない。
以前友人に誘われCharのコンサートに行った。
そしてCharを再評価することになった。なかなかの腕前だった。
ギターのテクニックの事だけどね。
その折、事後確認のためにユーチューブでCharにアクセスした。
そして、それをセーブしショートカットにしたという訳だ。
三人の侍とはCharに加え奥田民生と山崎まさよしだ。
これ自体もなかなかいいよ!
そこで本題。
そこを見ながら、パソコンをいじくっていたら「チャーがクラプトンを語る」というサイトがあった。
連動して視ているとリストアップされているサイトが私好みの曲の一覧になっていた。
なんと私的名曲データーベースになっている。
感動ものだ。
六曲も聴いてしまった。
当然、クラプトンから。
Cream時代のライブ。
Sunshine of your love クラプトンが若くて長髪。
長い揉み上げに感激。
そしてDeep Pupleから三曲.。
Black night   、  Smoke on the water  、 Highway star
そしてChicago  「長い夜」
さらに驚いたのはそこにサンタナが連なっていたこと。
当然 Europa。サンタナは数年前ライブに行ってきた。
これらは70年代物だろうか。
そしてその前哨になるのが60年代のビートルズやローリングストーンズ。
先般、この60年代のポールマッカートニーを見てきた。
そして昨日、わが身内からチケットが届けられた。
この三月六日の東京ドームへの招待状。
ミック・ジャガー、キース・リチャードのローリングストーンズの日本公演だ。
彼らの曲に馴染んだから70年代の曲もしっくりいくんだろうな!
ローリングストーンズについては日を改めて書こう。

2012年6月 3日 (日)

独自ドメイン

Hna2_006
今、このブログとは別にNPO団体のホームページ作成のお手伝いをしている。

そのホームページは、これまで使用容量の制限などもあって、そのカバーのために二つのホームページアドレスと一つのブログの三つで構成してきた。

その内一つのアドレスはジャストシステムが提供していた。

引き続き今までの構成で進めるが、ジャストシステムの料金体系の整備に伴い独自ドメインを獲得できることになり、なおかつ容量も10ギガになった。

以前には独自ドメインなど考えられなかった。

また、表現にかなり制約があったが、これからは少し面白いものができそうだ。

それでいて料金は、かつての数分の一で済むのであるから、世の中変わったものだ。

おまけにWebメールアドレスを10個ばかり使えるというから凄い。

しかし、とても使いこなせないけどね。

ホームページのことを思うと、このココログブログはとても使い勝手がいいですね。

最新のわが家の花と、アジサイの展開を紹介。

Hna2_001

これは前回はまだ咲いていなかった種類。

Hna2_005_2
前回紹介した花が、少し展開。

2011年11月 8日 (火)

バージョン不具合、その時どう動く

今日は、ちょっとまいった。でも万事塞翁が馬。

午後にある場所でプレゼンテーションをやった。

50人近い人がいたかな。

パワーポイントで準備して本日を迎えた。

私と、もう一人の担当者がやはりパワーポイントを使う予定だった。

ところが、プロジェクターがうまく作動しない。

スクリーンにスライドが半分しか移らないのだ。

その方も、いろいろと操作してみたのだが、埒が明かなかった。

でも、危機管理ができる人だった。パワーポイントの画像ファイルをパワーポイントの機能を使わず、スライドショーで映写したのだ。

知らなかった。少しお利口になった。

私の番になった。結局、彼も私もパワーポイントのバージョン10で準備したのだが、プロジェクターのドライバーが新しいものに対応していなかったようだ。

やむを得ず、私もスライドショー方式でやった。

パワポ10の機能をフルに使った動きのある面白いものを準備していたのだが、それは披露できなかった。

でも、困難には挑戦するものだ。

スライドショーの画面展開を他の人がやってくれて、私はしゃべるだけでよかった。パソコンの画面やら、マウスの処理なしに話ができ、普通はどうしてもうつむき原稿の棒読みになりがちなのだが、今回はあのジョブズのプレゼンみたいに背筋をのばし、客席とスライドを見ながら話ができた。

ジョブズを引き合いに出してすみませんでした。

内容やレベルまで一緒だなどと言わないから、まあいいでしょう。