ウェブページ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

旅行・地域

2020年7月31日 (金)

リュウゼツラン~数十年ぶりに開花した・・・見てきたよ!

リュウゼツランが数十年ぶりに開花したと新聞に出ていた。

でも、名を聞いただけでは何もイメージが浮かんでこない。

私はこの植物名を知らなかった。

我が連れ合いは知っていた。とても珍しい稀なる現象のようだ。

それでは、行ってみようということになった。三密を避けることは当然とし、マスクをしっかり付けて車に閉じこもりながら行ってきた。

008-2_20200731132501

まずは、どんな植物だろうか?

Dsc09161-2

これか!

公園など少し広い庭園に行くと、よく見かけるではないか。

でも、花など見たことはなかった。

メキシコ原産で英語ではセンチュリープラントと呼ばれているという。

まさに「世紀の植物」・・・100年に一度花を咲かせる・・という意味を含んだ名前なんだ。

それではどのように花を咲かすのだろうか。

Dsc09149-3

 

遠目に見た時、上手く剪定された針葉樹の一種かと思った。

近づいてみて初めて分かった。肉厚の葉の間からニョキッと茎のようなものが伸びている。

そして、上部に一見、松かと思わせるようなものが茂っている。

実は、下の写真がその正体。

Dsc09143-2

Dsc09141-2

どうも、花の盛りは過ぎたように見える。

数十年に一度とはいえ花を咲かすにあたり茎をこんなにも伸ばす植物など初めて知った。

聞く所によると、開花の決意が固まると一日に10センチほどずつ茎を伸ばし、場合によっては7~8メートルにもなるのだ。

そして劇的というか壮絶なのは花を咲かしながら根元に子株を残し、花枯れと共に本体も枯れ死するのだそうだ。

ちなみにこの驚くような伸びをする茎が酒造りに役立っているのだ。

メキシコの酒といえば塩を舐めつつ飲むと言われるテキーラ。この茎の基部の汁から作るんだって。

ついでに言えば塩を舐めるのは大酒飲みがつまみ無しでも酒と塩さえあればというのでなくて、塩を舐め唾液の分泌を促進して喉を守るためだそうだ。

なにしろこのテキーラのアルコール度数は35%~55%と法で定められているそうだ。55%はきついね。

ついでに私ごとだけれど、昔、今よりもうちょっと若い頃、中国雲南省昆明に行った時、白酒(パイチョウ)の50度をストレートで舐めた。飲んだのではないが一発で喉が燃え上がったかのようだった。

続いて北条氏の実家跡地へ

ここは伊豆の国市。

となれば2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で中心人物となる鎌倉幕府二代目執権北条義時が頼朝の妻となる政子とともに育った市内韮山にある館跡地を見ることとした。

現在は痕跡さえもないけれど、旧伊豆長岡にある守山を囲む広大な土地に館を構えていたようだ。

現在も国道136号線沿いにある成福寺などの境内もその土地の一部だったようだ。ちなみにこの寺の住職の苗字は北条なのだ。

守山の横を流れる狩野川沿いの屋敷跡地傍の公園駐車場に車を止めた。

Dsc09196-2

車は何台か駐車しているが外を歩くものは一人もいない。

狩野川は雨続きの中で増水したまま流れていた。

Dsc09171_20200731161801

 

Dsc09191-2_20200731161201

この地、2年後の大河ドラマ放映時までにどのように変わっていくのかな。

あれこれ、自然をいじらないほうがいいと思うのだが。

跡地に立ち、来し方行く末に思いを巡らせばいいじゃないのかな。

Dsc09193-2_20200731162801

守山ふもとの館跡地とされているところ。

そして守山の登頂口。

Dsc09210_20200731162901

振り返り川原を見ると川には釣り合わないものが鎮座していた。

Dsc09173_20200731163501

なぜ、こんなところに井戸?

私も座り、じっと思いを巡らした。

 

2020年4月11日 (土)

そこに立ちそこで考えたエジプト4500年の歴史、すごかった!

7日目。いよいよエジプトの最終日となった。

Dsc06826-2

朝6時30分:ホテルの部屋からの眺め

エジプトではどこも晴れわたり、殊に朝陽、夕陽に照らされる風景は絶品だった。

この日は一般開館前のエジプト考古学博物館に朝一番で特別入館できた。(旅行社の手配)

Dsc06870

エジプト考古学博物館正面

今、ギザに新規建造された大エジプト博物館がオープン前の大詰めに入っているところだ。この新博物館には古代エジプト考古遺物が10万点以上収蔵展示される。現在考古学博物館に収蔵されている遺物が移送されるのだ。そんな事を聞いていたので果たして現行の博物館に何が残っているのかと気になっていた。

しかし、大丈夫であった。ツタンカーメンの黄金のマスクも他の財宝もまだあった。

Dsc07100-2

オープンを待つ大エジプト博物館

ツタンカーメンについて私などがイメージできるのは恥ずかしながら黄金のマスクだけだった。だいぶ前、上野の森美術館でのツタンカーメン展に行ったが当時は噂になっていた呪いに惹かれただけだったかも。(2012年開催)

010-2

考古学博物館入場券

マスクだけでも凄いと思うのだが、実際に遺跡を見て、また未盗掘で発見された宝物を見て17歳でなくなった王の、というよりも当時の王家(ファラオ)の凄さを思い知った。

驚いたのは玄室にあったという厨子だ。

Img_6856

ツタンカーメンの柩・ミイラが納められていた厨子

Dsc06936-2

厨子が四重の入れ子構造であるばかりでなく人型棺も三重の入れ子なのだ。

しかも、見てわかるように金箔といい、構造といい今の時代に作られたといってもうなずける出来だ。

これが紀元前1352年に王が亡くなった後に作られたのだから3500年も前の製作品だということだ。

ツタンカーメンが同時代で異端視されていたがゆえに名も抹消され盗掘者にも気づかれず私たちが目にすることができるのだが、そうなると他の盗掘された正統派の王墓にはいったいどんなものがあったのかと思いを巡らしてしまう。

今となっては想像するしかないのだが。

でも、発掘された造形品には魅力的なものがたくさんあった。

Dsc06962-2

現代のアニメに登場してもおかしくないね。

Dsc06990-2

この像など縄文土器に似ているではないか。

他にも動物のミイラなども展示されていた。

ゆっくり館内をめぐり、昼食後にピラミッドに向かった。

Dsc07238_20200411120401

Dsc07222

近づくと。

Dsc07188

なかなかすごい。私たちはこの岩を登りピラミッドの中に入った。

狭い上昇通路を抜けると大回廊に至った。なかなかの急坂で大変であった。

帰り道で狭いところにさしかかり頭を二回も打ち付けてしまった。(まあ、思い切りでなくひょっと頭をもたげた時だけど)

Dsc07136

Dsc07199-2

馬や駱駝が一生懸命働いていた。

ここで旅行社の計らいがあって民族衣装ガラペイヤが配られ羽織ることになった。

アラブの民となったのだ。

その時、思わぬことが発生した。

近くにいた姫君たち三人が次々一緒に写真を撮ってくださいと願ってきたのだ。

ここのところ女性からそんなことを言われることは久しくなかったのだが、まさにエジプトの青天に鳴り響く霹靂(急激な雷鳴)だった。

Img_6997-2_li

まあ、自分で見ても現地の人だね!

Dsc07259

Dsc07291

じっくりギザを楽しみ勉強して、最後の夜はカイロ市内の市場で過ごした。

Dsc07444

Dsc07430-2_20200411120001

コロナ禍が寸前に迫っていた時だった。

それにしても、世界で、日本で大変な事態が展開している。

しばらく徘徊は自重しよう!

 

2020年4月 3日 (金)

コロナの猛威はエジプト・ピラミッドをも閉鎖させた!そこに私たちは少し前にいた。

Dsc06800-2

エジプト6日目。

私たちはアブシンベルから車でアスワンに戻り、空路カイロに向かった。

夕食後、ギザのホテルにチェックインした。

その夜、ピラミッドを舞台にした音と光のショーを楽しんだ。

ピラミッドやスフィンクスにライトやレーザー光線を照射し画像や文字を浮かび上げらせるものだ。

荘厳な一時を過ごすことができた。

Dsc_0918-2

ところがである、WEBNEWS(3/24)で驚かされた。

エジプト当局はコロナ対策のために3月23日からピラミッドを含む観光施設を閉鎖したというではないか。

31日のニュースではピラミッドが私たちの楽しんだ光と音の舞台ではなくレーザー光線による「コロナウイルスと闘う人々との団結と連帯」のメッセージが投影・照射されるスクリーンとなった。

(メッセージは以下の文章)

[Stay Home、Stay Safe、Thank you to those keeping us safe]

エジプトでの新コロナ感染者の最初の一人は私たちが滞在した2週間後に発表された。そして二人目は3月2日。このふたりは外国人だった。3月5日になって初めてエジプト人の発症者が出た。そして3月末には発症者数は656人にもなってしまった。3月25日からは夜間の屋外移動禁止が発表された。これに違反したということで数百人が逮捕されたというから驚く。

少し時間を巻き戻そう。

Dsc06020

アスワンに向かうハイウエーは砂漠を貫ぬく一本道

アブシンベルからアスワンへは280kmの道のりを3時間30分かけて走った。

その間、ほとんどが砂漠であった。砂漠といっても写真のとおりで乾燥した大地が広がり、所々に岩山だろうか小高いところがあった。

しばらく行くと道路脇にパトカーを止めて軽機関銃を構えた兵士のような人たちがいた。

Dsc06565-2

日常では「軽」とはいえ機関銃など間近に見ることのない日本人は法を犯していなくても緊張する。

一見強面の彼らだったが、すごくフレンドリーだった。

カメラを向けるなどとてもできないと思っていたところツーショットをオッケーしてくれたり、嬉しそうにモデルになってくれた。さらに蜃気楼のビューポイントを教えてくれ、一緒に眺めた。

Dsc06560-2

向こうに見えるのは川でも、湖でもない、蜃気楼なのだ。

Dsc06552-2

アスワンハイダムを見学し、飛行機で最後の滞在地カイロに向かった。

Dsc06625

Dsc06667

さあ、エジプト滞在は明日までだ!

 

2020年3月28日 (土)

昇る太陽も、沈む太陽もなんと美しいことか!やはりアッラーの成せる技か・・・。

Dsc06457

ナーセル湖の日の出・・・アブ・シンベル大神殿前からの眺望

モーニングコール朝5時。荷物出し5時45分。3泊したクルーズ船をチェックアウトした。

これから二日間かけてアスワン、アブ・シンベルを回る。

時間は前後するが、なんといっても感動したのはナーセル湖で見ることができた日の出だ。(クルーズ船下船の翌日)

Dsc06424-2

アブ・シンベル神殿に早朝行った。

あたりが仄かに明るくなってきた頃、どこで寝泊まりしていたのか野犬が数匹飛び出し、一斉に湖畔に向かった。

日の出を待つかのようにフェンスのコンクリートに足をかけ湖に臨んだ。

それを機に日が昇り始めた。

Dsc_0904

犬たちは日が昇るのを認めるとどこかへ立ち去った。

朝日に照らされるアブ・シンベル大神殿。

Dsc06455-2

旅5日目のこの日、クルーズ船から遊覧ボートに乗り換えナーセル湖を巡った。

イシス神殿を観光しアスワン・ハイダムに向かった。

Dsc05573-3

船着き場でエジプト猫が迎えてくれた。

Dsc05590-2

乗船だ。

Dsc05600-2

神殿が見えてきた。

Dsc05822

イシス神殿はナーセル湖に浮かぶフィラエ島(旧名アギルキア島)にある。素晴らしいロケーションだった。

この神殿もアスワンハイダム建設に伴い移設された。

Dsc05710

ここでも猫神のお迎えか?

Dsc05695

Dsc05698

そして中に入ると。

Dsc05746

猫神はやはり神殿の主だった。

 

晴れ渡る空、そして神殿とナーセル湖。

素晴らしかった。

Dsc05770

Dsc05795

Dsc05780

ひとまず遊覧船を下船し、車でアブ・シンベルに向かった。

砂漠地帯280キロのドライブだ。

途中エジプトランチとなった。

Dsc06095

Dsc06075

コメと味噌煮のようなおかずが出てきた。

Dsc06078_20200328102701

でもSAKARAには良いつまみとなった。

アブ・シンベルに近づいたところで再び遊覧ボートに乗船した。

Dsc06176-2

そして湖から神殿に近づいた。

底に沈むはずだった神殿がこのように移転復活されているのだからすごい。

ここにも夕闇が迫った。

Dsc06359

私は知らぬ間にこんなに大きくなった。

Dsc06274

この日は近くのホテルにチェックインして、夜、ライトアップされた神殿を見学に来た。

Dsc06370

アブ・シンベル小神殿。

そして翌朝、冒頭の日の出となる。

 

2020年3月20日 (金)

歴史はゆったりと、しかし複雑に流れながら多様な今を創った。メイヤメイヤ!(アラビア語:とてもいい)

エスナを通過し、私たちが眠る間にエドフの岸壁に着いた。

行儀よく横に並んだクルーズ船。

Dsc05026

岸辺では馬車が列を作り客待ちをしていた。

Dsc05040

Dsc05043-2

異国を感じる瞬間である。

馬車もそうであるが、建物も気になった。

Dsc05041-2

これは未完成の建物ではないのだ。

階下ではしっかり生活が営まれている。

この建物だけでない。

Dsc07357-2

屋上に当たる部分に鉄筋丸出しの柱が立っている。

このような風景を移動中に所々で目にした。

聞く所によると、仕事に励み、蓄えができたところで階上に増築するための建築手法だそうだ。

雨もほとんど降らぬという気象条件から鉄筋も錆びないのだね。

日本人の私、というか我が家では有り得ぬことである。また柱があまりにも細いことに不安になる。

一昨年、香港で見た高速道路の橋脚の細いことにもびっくりした。

 

煉瓦や、ブロックを積み上げることが基本の建築物は日常は問題なくとも地質にもよるだろうが脆い。

実際1976年に発生した中国・唐山大地震では住宅全壊率が94%と、恐ろしい被害だった。

また記憶の新しいところでは2015年のネパール・カトマンズ周辺の大地震でも多くの建物倒壊があった。

あまり気にするとどこへも行かず、引きこもることになってしまうから運を天に任せよう!

 

午前6時45分、ロビーに集合。さあ、私たちも馬車で出発だ。目指すはホルス神殿!

Dsc05089

Img_6381

我が馬車を牽引するのは名馬「モニカちゃん」だ。懸命に走ってくれた。

Dsc05108-2

朝日に照らされて疾駆するモニカのシルエットが美しい。

Dsc05265-2

街を駆け抜けて、遺跡へ!

Dsc05120-2

着いた!ホルス神殿だ。

007-2

カイロからかなり南に来た。(矢印のところ)

ホルスとはハヤブサの神だ。

Dsc05166-2_li

なかなか威厳がある!どっちも!

ハヤブサは空を飛ぶ、それで天空の神様だそうだ。

神殿は200年近くかけてコツコツと造り続けられたようだ。左右の対称性が美しい。

Img_6399

Dsc05224

なによりも感心するのは紀元前の遺跡(BC237年~BC50年頃)であるにも関わらず、いたるところ、文字(ヒエログリフ)に埋め尽くされ、出来事をリアルに語っていることだ。

Dsc05213

柱頭の多様なタイプにも注目。

Dsc05182-2

再び乗船してコム・オンボに向かった。

その間、デッキでの昼食となった。

なかなか気持ちいい!

Dsc05333

Dsc05330

禁酒の教えがあまねく行き届いているこの国だけど、最近はお酒を嗜む人々がふえつつあるとテレビで言っていた。

当然、私も飲む。本日はハイネケン。

ちょっと食べ過ぎだ。

Dsc05343

丘に遺跡らしきものが見えてきた。

Img_6473-2

コム・オンボ神殿だ。

Img_6493

この神殿はハヤブサの神に加え、ワニの神の2神に捧げられているとのこと。

Dsc05387

だからか、クロコダイル・ミュージアムがあり、なんとワニのミイラを見学した。

Dsc05452

ワニのミイラに別れを告げ、私たちはアスワンに向かった。

乗船後にヒエログリフの特別講座を受講し、授かった知恵をTシャツのデザインに生かした。

009-2

008-2

デッキでゆったり過ごし、夕食後は民族衣装のガラペイヤパーティを楽しんだ。

20200129220008_moment-2

今日も、長い・・・でもなかなか充実した一日だった。

 

2020年3月12日 (木)

コロナを危機一髪で避けられた私たち!すばらしかった、ナイル川クルーズの旅!

Dsc04871-2

ナイルを南に遡上するクルーズ船団!

ちょうど一か月前、私たちはナイル川を南に向け遡上していた。

ゆったりと、移ろいゆく景色を愛でながら、アフリカをしみじみ感じつつクルージングを楽しんでいた。

ところが、一ヶ月後の現在、なんと、「ナイル川クルーズ船、45人感染、新型コロナ」(3/9朝日新聞朝刊)と報道されたのだ。

まさに危機一髪。感染症は外洋航路の大型クルーズ船だけだと思っていたのに!

私たち夫婦は今も元気でいるし、また、同じ旅をして空路九州にお帰りになったご家族もいたが、発症したというニュースは届いていない。私たちが旅していた時には、コロナ菌はまだ拡散していなかったのだろう。

旅の前にはイラン・アメリカの一触即発状態があり、そして今、コロナウイルスのパンデミック現象。

幸不幸は紙一重。

まさに今振り返れば私たちの旅はアクシデントの間隙を縫うことで実現した幸運な一時だったかも。

ルクソール西岸観光の後、船内にもどって昼食をとりエドフに向けて出航した。

Dsc04825

ナイルの川面は穏やかだった。

進むにつれ、両岸の風景が変化していった。

Dsc04744

Dsc04814

砂漠だ!

Img_6461-2

Img_6455-2

放牧された牛と牧童。

Dsc04937

なんだこれは、水位が変化して桟橋?の高さまで来るのかな?

わかりません!

Img_6365

Dsc04927

こんな風景をデッキの上でゆったりと眺めた。

Dsc04763

Img_6352-2

空が茜色に染まり始めた。

Dsc04873

1-2

抜きつ抜かれつ!

4-2

集落があるところにはミナレットがいくつも建っていた。

そして時にはコーランの朗誦が風に乗って届いた。

Dsc04957

泳ぐにはちょっと寒かったかな!でも、イタリアのご婦人は堂々と水着姿で横たわっていた。 

この時、乗船客の半分はイタリア人だった。現在の報道だけで見るとナイル川クルーズとイタリア人となるとイコール・コロナとされちゃいそうだね。

右舷側から「ワンダラー」が聞こえてきた。

Dsc04860

Dsc04845

ボート商人だ。主として上写真のような布地を売る。まずは商品を提示し、それを丸めてデッキまで投げ入れるのだ。慣れているというか、水面に落とすことがない。それから価格交渉が始まる。もちろんワンダラーではない。

Dsc04804

身振り手振りで価格交渉!まあ、大したものだ!

暮れなずむなか、エスナの水門に近づいた。

Dsc04987-2

大型クルーザーが上流まで安定して航行できる為に水門の向こう(上流)は水位が6メートル高い。

ここで運河を通過するときのように一艘ずつ水位調整槽(閘門:こうもん)に入る。

Dsc04993

Dsc04992

そしてマイターゲート方式の水門が締められると水が入ってくる。

Dsc05006  

そして、門が閉じられ、みるみるとは言えないけれど水が溜まり、今までより6メートルも高い所へ船体が垂直移動、そして先に進むことが可能となった。

夜が更けつつあった。

Dsc05012

Dsc05018_20200310170801

明日はエドフ・ホルス神殿だ!

2020年3月 5日 (木)

暖冬だといっても、白馬の山は期待に応えてくれた!

暖冬で雪が降らず、スキー場関係者はやきもきしていたことだろう。

事実、長野のスキー場も含め、春を待たずに営業を休止するところが出ていた。

それが、3月に入っての報道では、残念なことに廃業、倒産となるスキー場さえでてきた。

山の雪不足は、シーズン中のスキーやボードの楽しみを奪うだけでなく、春から夏にかけての雪解け水が少なくなるということでもあり、その影響も心配になる。

加えてコロナウイルスの影響で客足が遠のき、キャンセルが続いたホテルが廃業の事態に至ったという情報も入ってきた。

でも、私たちが訪れた長野白馬ではゲレンデには人が少ないものの十分な雪があった。

Dsc07536

ゲレンデ下部でもこんなに見事。

テレキャビン(ロープウエイ)に乗って上に行くとさらに見事な冬山が待っていた。

Dsc07579

Dsc07598

Dsc07556

今年もこの地にやってきた。何年も続いている白馬での同級生たちとの再会だ。

各地、四方八方から同じペンションに集結して、夕刻からの酒盛りと温泉を定番とする。もちろん日中はスキーとスノボーを楽しむのだ。

まあ、何十年になるだろうか、この地に通ったのは。

雪の多い年、心配になるほど少ない年、多々あった。

でも、その都度それなりの光景が展開し私達を喜ばせてくれた。

今年も特別だった。

一つは、これまで見たこともなかった雲海が眼前に迫った。

Dsc07618-2

皆見とれるよね!

Dsc07559

Dsc_1112pano

そして、雪山とはいえ、いつもより気温が高かったからか、虹がゲレンデをまたいだ。

Dsc07517-3

素晴らしいね、自然のパフォーマンス!

なんであれ、出かけなければ出会いもないからね。

帰りしな、青木湖のとなりの木崎湖を写した。

Dsc07634-2

ちょっと地味な湖なのだが、ウインドサーフィンなどが盛んなのだそうだ。

手前の線路はJR大糸線。松本から糸魚川までを繋ぐ。

木崎湖最寄りの駅は「海ノ口」駅。

電車でゆっくり旅するのもいいな!

また来年!

 

2020年2月28日 (金)

荒涼として、乾ききった地、まさに死者の町だ!

モーニングコール午前4時30分。

朝食午前5時。

そんなに早く?と時間だけ聞くとすごく過酷に聞こえる。でもうまい具合に体内時計は整いつつあり起床コールの前には目が覚めていた。

出発午前6時、死者の町に向かう。

Dsc04438-2

途中、田園風景が広がっていた。さすが大河のそば、農地が拓けているのだ。

ロバに引かれてのんびり野良に向かう人が私たちに挨拶した。

明るくなったけれどまだ陽は上っていない。

死者の町に近づいた。もうすぐ日が昇りそう。

Dsc04456

気球が舞い上がった。

死者の町を鳥瞰しようとする人が中空に吊るされた籠から見下ろしているのだ。

Dsc04462

日の出だ。

Horizon_0001_burst20200128065101072_cove

死者の町、まさに名が示す通りの場所。荒涼とした光景が広がっていた。

でも朝日に照らされた大地は意外に美しく感じられた。

先ずは王家の谷へ!

Dsc04468

この場所に多くの王達が眠っている。

私たちは電気自動車が牽引するトラムで王家の谷に入っていった。

Dsc04534

ここにツタンカーメンの墓があり、なんとミイラが横たわり、拝むことができた。

Dsc04550

下車すると墳墓の入口があった。

Dsc04474

人を寄せ付けないような乾燥した荒野の地下に至宝が埋もれていた。

Dsc_0411

Center_0001_burst20200128071645295_cover

何千年も眠っていたとは思えぬ鮮やかな壁画だ。

その先にツタンカーメンが眠っていた。

Horizon_0001_burst20200128090937120_cove

ツタンカーメンのミイラ(詳しくは最終日の考古学博物館で)

 

この王家の谷に限らなかったのだけれど、面白いことがあった。

写真撮影についてだ。

カメラで撮影したい時は300エジプトポンド(1ポンド6~7円)を支払いカメラチケットを購入すれば可能になるのだが、不思議なことにスマホのカメラ機能を使った場合は無料なのだ。

今ではスマホカメラの性能はコンパクトカメラに比べても遜色がないのだがね。

それどころかワイド画面では勝るかも知れない。

私は墓の中などはすべてスマホで撮影した。

次は王妃の谷へ。

Dsc04582-2

Dsc04602

ハトシェプスト女王葬祭殿だ。現代建築だといっても通用しそうな造り。

さすが古代エジプト初の女性ファラオ(在位 BC1479~BC1458)。

Dsc04622

Dsc04639

立地条件は過酷だ。

「すごいなー」と夫婦で写真を撮っていると、現れたお兄さんがいた。

Dsc04647

満面に笑みをたたえ近づき、私達を撮影してくれるというのだ。

何枚か写し終わったところで自分を撮影しろと言ってきた。(上の写真)

結局、有料だった。まあ、いいか。

でも癖にするとまずいよな!この遺跡にとっても、日本人観光客にとっても。

反省。

何処の観光地でもそうだが、土産物屋の客引きは懸命に声をかけてきた。

Dsc04551

Dsc04552

我々の風貌を見て、日本人か中国人と判断する。

大阪弁で「おおきに、安いよ」と日本語で言ったかと思うと「ニーハオ」と声をかけてくる。

共通しているのが「ワンダラー」だ。売っているものが必ずしも1ドルでないはずなのだが、客が通ればワンダラーワンダラーと叫んでいた。

ま、エジプト風物の楽しい思い出だ。

クルーザーに戻る前に寄ったのは「メムノンの巨像」。

Dsc04690

Dsc04694

なかなかの迫力だった。古代エジプト黄金期の第18王朝の王の一人アメンヘテプ三世の象だ。

西岸・死の町からクルーザーの停泊する東岸に戻る。

帆船ファルカーに乗船し全員が救命胴衣を身につけ渡河した。

ナイルは穏やかに流れていた。

Dsc04701

さあ、戻り乗船すればアスワンに向けてのクルージングが始まるのだ。

クルージングの航海?(航河)日記は一休みし、次々回から再開として、ひとまず暖冬・コロナの日本に戻るぞー。

 

2020年2月21日 (金)

宵闇迫るルクソール神殿、そして再びライトアップされたカルナック神殿へ!

ナイル川クルーズ船に乗船・チェックインして昼食となった。

レストランは乗降口を一階とするとB1階だ。

丸窓が喫水線ぎりぎりのところにあり、ナイルの水しぶきが見えた。

広々とした食堂だ。

ビュフェでは口に合わないものはなかった。まずまずだ。

Dsc04098

大河はこれまでもいくつか訪れた。でも何日もかけてクルージングするのは初めてだ。

ラオスでメコン川に繰り出したのは中型のボートだったし、上海では外灘から黄浦江と長江をめぐる遊覧船に乗船した。せいぜい3時間から4時間だった。

ナイルも中流域まで来ると大河と雖も、接岸の場に大きな桟橋があるわけではない。

防波堤のようなところに一艘停泊させると、それでスペースをすべて使ってしまう。

数艘が同時に停まろうとするときは上写真で見られるように、川岸から順次船首を進行方向の上流にむけて並ぶように停泊するのだ。そして川の中央に近い端の船から出航していく。旅客が端の船に行くには岸壁の船から乗り、通り抜けていくのだ。

壇ノ浦海戦における義経の八艘飛びのごとく飛び渡った。

この時、我がクルーザーは翌日までの停泊予定もあり一番岸寄りに接岸していた。出航時にはすでに川中央に移動していて、観光後の乗船の際八艘を飛び越えたのだ。

Dsc04115

ナイル川東岸から見える西岸

さあ、ルクソール遺跡だ!

Img20200216_21140867

ルクソール神殿はカルナック神殿の副殿だ。建設にかかわったのは王で言えばアメヘテプ3世とラメセス2世。

時代で言えばBC1300年代から1200年代。それにしても今から3000年以上昔の話。

でもすごい。

Dsc_0332_20200216215701

Dsc04144

Dsc04270

Dsc04281

そして宵闇が迫った!

Dsc_0334

Dsc_0345

ルクソールに火が灯り、遺跡が浮かび上がった。

Dsc_0371pano-2

Dsc_0365

何十体ものスフインクスが参道をなしていた。

001_20200216235401

オベリスク上に上弦の月。なかなかいい。

ちなみに、かつて対になって並び立ち上がっていたオベリスクのもう一つは、現在フランスパリのコンコルド広場に屹立しているのだ。

Dsc04306

これから、カルナック神殿での光と音のショーの観賞だ。

バスで移動した。

Img20200216_21164810

Dsc04341

ショーは参道入口から開始された。

当初イメージしていたものは「光と音」だというので遺跡をレーザー光線などの照明機器で浮かび上がらせ、そこにダンサーとか歌手が登場しパフォーマンスを披露してくれるものと思っていた。

ところが、そんなに安直なものではなかった。

光と音を使いながら遺跡を浮かび上がらせるまでは良かったのだが、その続きはナレーションが入り歴史を語るものだった。

ダンサーなどいない、まさに光と音による歴史劇だった。

若干期待はずれのところもあったがそれはそれで学ぶことができた。

それにしても、寒かった。

北半球でもあり、冬であることは承知していたが、昼間の陽光の下では暑く夏そのものだった。ところが夜はまさに冬だ。

アドバイスもあったのでアトラクションに参加するにあたって日本の冬支度で出かけた。それでも寒かったのだ。

砂漠特有の温度変化だろうがすごい寒暖の差であった。

そしてクルーザーに戻った。

ショーが待っていた。

Dsc04364-2

ベリーダンス。

Dsc04359

どこかのナイトクラブのような奇をてらうものでなく純粋に民族舞踊として舞っていた。

続いての演目は少年演者による回転ショー。

彼は20分ぐらいだろうかひたすら回転し続けた。

トルコの旋回舞踊「セマー」なのかな?

一説によると、万物は回転しているのだということを基底にした教え(宗教?)で、分かりやすく説くと、地球が太陽の周りを回ることや自転しているように、さらには、人間の体の中でも血液やリンパ液が体内をぐるぐる回っているように、基本は回転なのだそうだ。しかも、これらは神の采配であるから、人間も邪念を捨て、神との一体化を求めるのならば回転をするのが大事だというのだ。(かなり雑な私の解釈)

面白い。

踊っている彼もまさに、回転しながら次第にトランス状態に入っていき、神と一体になっているかの恍惚とした表情に変わっていった。

Dsc04368-2

その中でこんな変化を見せた。

Dsc04384-3

神業の妙技だ!

踊り終わって拍手喝采を浴びたのだが、彼はふらりともしなかった。

私など5回転もするとまっすぐ立っていられないだろうと思うのだが。

長い一日だった。

さ、あすは死者の町だ!

 

2020年2月14日 (金)

ナイル川を挟む生者の都と死者の町。先ずは東岸の生者の都テーベ(現・ルクソール)へ

Dsc03950-2

ルクソールの街を通りながら人々の装いを見て、異次元に紛れ込んだかの感に囚われた。

当初、いわゆる観光立国エジプトの国民的義務のようなものとして伝統装束が奨励(強制でなく)されているのかと思った。

とりわけ観光名所・遺跡などでは督励されているかのようにも見えた。

Dsc04135

Dsc04132-2

確かに、馬車屋さんや物売りの皆さんは意識して民族衣装をお召になっている。

旅人にとっては「エジプトに来た!」と実感できるからいい。

でも、街行く人を見ると古色な衣装が目を引く。普段着あるいは晴れ着として日常的に着ているようでもあった。

 

さて、遺跡訪問第一番はエジプト最大の神殿カルナックだ。

Dsc03814

広い!ナツメヤシが彩りを添える。

Dsc03832

牡羊の頭のスフインクスが門前を守護する。スフインクスはライオンだと思っていたのだが獅子は胴体だけで顔・頭は多彩なのかな?

Dsc_0342

柱が太い。

Dsc03896

まだ遺跡の中に足を踏み入れて幾ばくも経ていないのだが、はや己の古代認識がいかに浅薄であったかを知った。

柱の太さも高さも想像をはるかに超えていた。

Dsc03849

Dsc03864-2

Dsc03870

巨石に驚かされただけでない、エジプトでは文字記録が今から5000年前(紀元前3000年頃)にも遡りあることにあらためて感嘆した。いわゆるヒエログリフ(聖刻文字)と言われる象形文字だ。

始めてエジプト史に接した中学生の頃パピルスに残された文字だと一生懸命暗記したのだが、この文字が遺跡のいたるところに刻まれているのだ。

この文字の解読については1799年のナポレオンのエジプト遠征の際に発見された「ロゼッタストーン」が有名だ。

Img_6185

Img_6186

柱や壁、そして天井にまで刻み込まれていた。

Dsc04003_20200214183101

観光初日ということで、この神殿だけでもかなりのデジカメのシャッターを押した。

ここで載せたもの以外にさらに云百枚あるのだ。

 

昼前にこの遺跡を後にしてこの日から宿泊ホテルとなるクルーズ船に乗船・チェックインした。

小ぶりなクルーザーで、今コロナで注目を浴びている外洋を航行する大型クルーザーに比べると何十分の一だけどとても快適だった。

そんなクルーザーであるけれど、私が乗船したというと、コロナウイルスに罹患した者であるかのような目で見る人がいたのには驚いた。

風評に惑わされてはいかんね!

Dsc04080

Dsc04099

Dsc04117

乗船、現地時間午前11時45分。日本ではもう夜の7時近い。でも、寝てはいられないこれから観光は始まるのだ。

このクルーザーで昼食を採り次にルクソール遺跡を訪れた。

日本時間で言えば二日分の行程だ。午後の記録は次の日記に回そう!

 

より以前の記事一覧