ウェブページ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 季節の移ろいが我が家にもたらした花ばな・・・続き | トップページ | さあー、ながら読みを再開だ!まずは沢木耕太郎さんからだ! »

2024年6月27日 (木)

シーズンだ ! そろそろサーフィン・・・・見に行くか!

先週になって、近畿、東海、関東甲信越が梅雨入りした。昨年に比べて20日間、平年とでは2週間ほど遅れたようだ。でも、地域によっては既に結構な雨が降っていたし、被害も出ていた。

最近は線状降水帯等の新しい呼称の雨降り状態が再々発生していたからね。そんな中だけど、雨の合間を縫って、相模の海に出かけた。

雨上がりは寂しいものなのか?

Img_69689

海を見ると、孤高の鳥がテトラポットの上から、じっと海を見ていた。

Img_69378_20240622180301

波乗り時間には、まだ早かったかなと思いながらも浜に降りた。

なんと、静かだと思った海はそうでもなく高い波が打ち寄せていた。

そしてサーファーの姿も。

Img_70134

じっと佇み波を見ていると、ボツラボツラと板を担いだ人々が浜に出てきた。

Img_702013

潮加減を見極めていたのかな。

Img_69456Img_69445おお、きれいな波だ。

さあ、乗るぞ!

Img_69901

Img_69734

Img_70023

Img_69823

サーファーに大きな拍手を贈り、今日の所は引き上げることとした。

今度サーフィン見るのは夏の終わりごろかな。

~~~というかボードを抱えて来てみるか。

さて、同じ相模灘に面する熱海で見た花を紹介しよう。

先日熱海の美術館を訪れた際に熱海サンビーチに寄った。珍しい花が咲き乱れていた。

Img_70467

お宮は、今もって寛一に蹴りつけられているのか。

周りの建物群は、訪れるたびに変貌著しいというのに。

Img_70490

左側の大きなビルは、中国資本のホテルで「熱海パールスターホテル」。

以前来たときは、その隣は空き地で遺跡のようなコンクリむき出しの斜面になっていた。

今は、大きなビルが建築途上。聞くところによると共立メンテナンスが手掛ける「ラピスタ熱海」(仮称)というホテルで階段状の敷地に五棟のビルを建て、内最大のものが17階とも18階とも言われているようだ。今でも異国のリゾート地といった雰囲気を醸し出しているけど、どんな風になるのかね。

Img_70434

 さて、花だ。

広重鑑賞で訪れた時、ちょうど開催されていたのが「ATAMIジャカランダフェスティバル2024」だった。

「ジャカランダ」と聞いても「?」だった。

なんと、ポルトガルのスカイス市から国際姉妹都市の縁で送られてきた花だそうだ。

届いたのが1990年。その時は二本の苗だった。それが現在では100本以上となっているとのこと。

Img_70334

全く知らなかったのだけど、世界三大花木の一つで、南半球の桜と呼ばれてもいるそうだ。

原産地はアルゼンチンやブラジルだそうで、南半球では自生し11月~12月に開花するのだって。

北半球では5月下旬から6月上旬開花。

Img_70345

花言葉は「栄光」と「名誉」だ。

和名もある。紫雲木(しうんぼく)だ。

Img_70656

南アフリカ共和国の首都プレトリアは地元では「ジャカランダ・シティ」と呼ばれるほどに町中各所に咲いているようだ。

一塊だけ見るとよく分からない物の、群生林の中で青紫色の花が一斉に開いたらそれは見事だね。 

コロナ禍の感染実態は今はどうなんだと思うのだけどね。

どんなもんかな。実際、昨日も横浜線に乗車して目にしたのは半分以上の方々のマスクなしだった。しかも外国からと思われるお客さんが相当いらっしゃった。

だけど一応下火だと報じられているからな。

南アフリカは無理だけどポルトガルにでも行ってみるかな‼

« 季節の移ろいが我が家にもたらした花ばな・・・続き | トップページ | さあー、ながら読みを再開だ!まずは沢木耕太郎さんからだ! »

季節・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節の移ろいが我が家にもたらした花ばな・・・続き | トップページ | さあー、ながら読みを再開だ!まずは沢木耕太郎さんからだ! »