ウェブページ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

季節・地域

2024年6月27日 (木)

シーズンだ ! そろそろサーフィン・・・・見に行くか!

先週になって、近畿、東海、関東甲信越が梅雨入りした。昨年に比べて20日間、平年とでは2週間ほど遅れたようだ。でも、地域によっては既に結構な雨が降っていたし、被害も出ていた。

最近は線状降水帯等の新しい呼称の雨降り状態が再々発生していたからね。そんな中だけど、雨の合間を縫って、相模の海に出かけた。

雨上がりは寂しいものなのか?

Img_69689

海を見ると、孤高の鳥がテトラポットの上から、じっと海を見ていた。

Img_69378_20240622180301

波乗り時間には、まだ早かったかなと思いながらも浜に降りた。

なんと、静かだと思った海はそうでもなく高い波が打ち寄せていた。

そしてサーファーの姿も。

Img_70134

じっと佇み波を見ていると、ボツラボツラと板を担いだ人々が浜に出てきた。

Img_702013

潮加減を見極めていたのかな。

Img_69456Img_69445おお、きれいな波だ。

さあ、乗るぞ!

Img_69901

Img_69734

Img_70023

Img_69823

サーファーに大きな拍手を贈り、今日の所は引き上げることとした。

今度サーフィン見るのは夏の終わりごろかな。

~~~というかボードを抱えて来てみるか。

さて、同じ相模灘に面する熱海で見た花を紹介しよう。

先日熱海の美術館を訪れた際に熱海サンビーチに寄った。珍しい花が咲き乱れていた。

Img_70467

お宮は、今もって寛一に蹴りつけられているのか。

周りの建物群は、訪れるたびに変貌著しいというのに。

Img_70490

左側の大きなビルは、中国資本のホテルで「熱海パールスターホテル」。

以前来たときは、その隣は空き地で遺跡のようなコンクリむき出しの斜面になっていた。

今は、大きなビルが建築途上。聞くところによると共立メンテナンスが手掛ける「ラピスタ熱海」(仮称)というホテルで階段状の敷地に五棟のビルを建て、内最大のものが17階とも18階とも言われているようだ。今でも異国のリゾート地といった雰囲気を醸し出しているけど、どんな風になるのかね。

Img_70434

 さて、花だ。

広重鑑賞で訪れた時、ちょうど開催されていたのが「ATAMIジャカランダフェスティバル2024」だった。

「ジャカランダ」と聞いても「?」だった。

なんと、ポルトガルのスカイス市から国際姉妹都市の縁で送られてきた花だそうだ。

届いたのが1990年。その時は二本の苗だった。それが現在では100本以上となっているとのこと。

Img_70334

全く知らなかったのだけど、世界三大花木の一つで、南半球の桜と呼ばれてもいるそうだ。

原産地はアルゼンチンやブラジルだそうで、南半球では自生し11月~12月に開花するのだって。

北半球では5月下旬から6月上旬開花。

Img_70345

花言葉は「栄光」と「名誉」だ。

和名もある。紫雲木(しうんぼく)だ。

Img_70656

南アフリカ共和国の首都プレトリアは地元では「ジャカランダ・シティ」と呼ばれるほどに町中各所に咲いているようだ。

一塊だけ見るとよく分からない物の、群生林の中で青紫色の花が一斉に開いたらそれは見事だね。 

コロナ禍の感染実態は今はどうなんだと思うのだけどね。

どんなもんかな。実際、昨日も横浜線に乗車して目にしたのは半分以上の方々のマスクなしだった。しかも外国からと思われるお客さんが相当いらっしゃった。

だけど一応下火だと報じられているからな。

南アフリカは無理だけどポルトガルにでも行ってみるかな‼

2024年3月28日 (木)

もうすぐ春ですね。でも雨やら寒さやらとまだ落ち着かず。そんな朝、空が真っ青。三国峠に行くぞと決意!良かった!

来週は雨、ところにより雪だと天気予報のお姉さん。

そんな折、目が覚めて空を仰ぐと雲一つなく青空が広がっていた。

即、決めた。三国峠から富士山を望むぞと。

Img_40501Img_40590山に向かって車を走らせると、空は刻々と変わっていく。

さっきまで雲一つないなと喜んでいると、突然雲が湧き、空を覆い始めるなんてことがよくある。

この日は良かった。

期待通りの雄姿を見せてくれた。

三国峠は芦ノ湖スカイラインの途中にあるビュースポット。

御殿場から上ってもよし、また国道一号線の小田原方面、三島方面からであれば、両方面から上りきった所にスカイラインのゲートがある

Img20240325_171032901

途中、南側に駿河湾が望め、北の藪を切り分けると芦ノ湖が眼下に広がる。

2403221102324089

駿河湾と愛鷹山

2403221046416978

芦ノ湖・・雲が出てきたぞ

ここまで来たので芦ノ湖にも寄ってみることにした。

湖畔の船着き場には大勢の観光客がいた。しかも、外国からのお客さまの方が多い。

欧米からの方々と、この日はサリーで装ったご婦人などインド系かと思われる人々が楽しそうに乗船を待っていた。

Img_40956

芦ノ湖遊覧だ

Img_40734

Img_40945

湖での楽しみ方は様々だ。

この方々は三者三様にボートを乗りこなし湖面を進んだ。

Img_40834

鳥たちは。私たち人間より季節の変化に敏感なんだろうな。

芦ノ湖に注ぐ小川に、あまり見たこともない水鳥が佇んでいた。

人を怖じる気配は何もなし。

Img_40901

その流れの先を見ると、同じ種なのかわからないが数羽が戯れていた。

Img_41012

水の中をよく見たら鯉が泳いでいた。共存共栄の関係みたいだ。

Img_41112

Img_41156

向こう岸にそびえる駒ケ岳の眺めがいい。。

我が家にもどった。庭に小鳥たちが集まり、あれこれを啄(ついば)む。

先日、ヒヨドリがハクモクレンの花弁を食べているところに出っくわしたことを書いた。

今日見たのはヤツデの実を啄み、キンカンと同じように嘴にくわえ、地におろし遊びながら食べているのだ。雑食鳥類なんだね。

Img_41245Img_41389

240322095554280if1

ほぼ散ったハクモクレンの花を名残惜しそうに見ている。芽が出始めた桜桃の枝から何を眺めるか。それともサクランボウ食いの一番乗り?

Img_41345

スズメたちは楓の枝に止まり、ピーチクパーチク。

Img_413012

もうすぐ春ですね!雪が解けて川になって、流れて行きます。日だまりには、雀たちが楽しそうです。

(キャンディーズ)

モッコウバラが開花したよ!やっぱり、もうすぐだ!

Img_45112

 

2023年11月 9日 (木)

真夏日に雪山?箱根を巡ったらそんな風景が見られた!

10月下旬から11月の現在まで、天気予報のお姉さんやお兄さんの口から明日の最高気温は25度以上、夏日になりますとの解説がされている。そろそろ晩秋から初冬なのにね。

そう言えば昨日(11/8)は立冬だった。

でも盛夏の夏日とはちょっと違う。最低気温が違う。

地域によっては寒暖差10度以上もあり、朝晩は紛れもなく初冬なのだ。

Img_07245

芦ノ湖で富士を見る

そんなように予報で「下界では最高気温が25度を超える」と聞いた日、一方で富士山が雪をかぶったと耳に入り、いざ箱根へと足を伸ばした。

箱根峠から国道一号線を芦ノ湖方面に下っていくと、最初に迎えてくれるのが「道の駅・箱根峠」だ。

売店などの建物の裏手が芦ノ湖のビュースポットになっている。

ここからは残念ながら富士山は望めない。

芦ノ湖を帆船が進んでいた。

Img_02634Img_0253道の駅を後にして、少し進むとまだ山の中腹なのだが、左手に駐車スペースがあった。

そこにまさしく雪を被った富士山が現れた。

Img_06923

なかなか美しい。

しばらく景観を楽しみ、ふたたび一号線を進んだ。

下りきったところの交差点に「箱根駅伝ミュージアム」があった。そこを左に折れると山を下り最初にある湖面傍の駐車場だ。ほぼ満車だったが何とか空きスペースが見つかった。

Img_0706

ここでもまだ富士山は全貌を現さず山の向こうに白い頭をちょこっと出すだけ。

冒頭の富士山の写真はもう少し進んだところからの撮影。

Img_02878

湖畔に咲くコスモスも美しい。

海外からのお客さんも大勢いた。みな美しい景観を喜んでくれていた。

Img_03012

ビュースポットから見えた帆船が桟橋にもどった。

下船する人々の半分は外国からのお客様のようだ。

欧米人から近隣の韓国や中国・台湾などの各地からのお客様のようで英語やら中国語、朝鮮語などが聞こえてきた。

彼らに混じりそのまま歩いて関所跡まで行った。

Img_03167

Img_0326Img_0329

下は湖、上は山、これでは関所やぶりはむずかしいかな!

車にもどり、箱根神社に向かった。

Img_03556

高木に囲まれた箱根神社は参拝者であふれんばかりだった。

Img_0260

道の駅から見えた湖に飛び出した鳥居。平和の鳥居。行ってみると行列待ちだった。

Img_03645

待たずに、そのまま湖沿いの遊歩道を歩いた。

Img_03812

釣り人が二人してボート上から糸を垂れていた。なかなか優雅だ。

Img_0393

しばらく湖畔を散策した。これから出かける釣り人を見送り、仙石原へ向かった。

元箱根で国道一号線をはずれた。

Img_0428

ススキは今が盛りか。

Img_0465Img_0462 ススキの原をしばらく歩いた。

そして芦ノ湖スカイラインへ。

三国峠や杓子峠では駿河湾が望めた。

Img_0497

駆け足の箱根廻りだったが小トリップを楽しめた。

ぐるっと一周して再び国道一号線へ。

思いついたら吉日、またどこかへ行ってみよう。

Img_0695

2023年10月29日 (日)

ワンちゃんの思いもあってじゃないけれど、久しぶりに湘南の海を見たくなった!

先日天国に召されたワンちゃんの「サーフィンやりたい」じゃないけれど、湘南の海で波乗りするサーファー達に会いたくなった。

湘南でサーフィンが盛んなところは?とネット検索したところ、江ノ電で「鎌倉高校前駅」で下車しろと出た。

Img_05701

江ノ電に乗った。

土曜日の午後だというのに、と言うか、だからか、通勤ラッシュ並みの混みようだった。

下車したのは鎌倉駅から7駅目だったのだけど、通過した6駅にはそれぞれ観光スポットがあり、降りた人数と同じぐらいの人々が再び乗車してきた。

期待したのはこんな情景だった。

Dsc06271Dsc_35489Dsc02768

でも、これら写真は2年前2021年に撮影したものだ。

降り立った鎌倉高校前駅は目の前が海だった。

Img_05756

波が穏やかだった。

ということは、この日はサーファー期待の波はないということだ。

ホームから見えたのは、沖に浮かぶヨット。

Img_058121

ここから一駅区間岸辺を歩くことにした。

 

Img_0594

前方に江の島が見える。

ふり返ると、三浦半島。

231021151308156

そして海は穏やかなれど波は打ち寄せる。

Img_0611

岸辺で子どもが遊ぶ。

Img_06201

犬も大喜び。

Img_06212

しばらく海岸線を歩いた。

Img_06034

打ち寄せた海水に雲が映る。

そして日が傾き始めた。

231021151407792effects

なかなか美しい。この光景を見られただけでも、来てよかった。

砂浜が出島に遮られ途切れた。

車道に出た。ほどなく進むと、目的地腰越(こしごえ)駅への道にでた。

海岸から離れ、町の奥に行く。

すると、江ノ電が路面電車のように走っていた。

Img_06345

帰路に就いた。

本日、歩行数1万3千歩!

良かった!

 

2023年8月31日 (木)

アニメ・ラブライブサンシャインで地域おこし?

台風余波の大雨で楽しみにしていた手筒花火観覧を断念し、隣接する沼津の街に飲みに行った。

JR 沼津駅に降りたって感じ入った。

地域・自治体・企業が一丸となって地域おこしに取り組んでいることを実感できたのだ。

Img_9815-2

ラブライブサンシャインの電光サイン

祭当日の三島市内は三嶋大社前から広小路までの大通り(旧東海道)が歩行者天国になっていた。両側の歩道上には露店が並び、各種パレードは大社を出発地として西に進み広小路駅前が折り返し地だった。

そこでJR三島駅から乗り換えて1駅の伊豆箱根鉄道駿豆線三島広小路駅に降り立った。その時に乗車したのが見事なラッピング電車だった。

Img_9855-2

Img_9858-2

YOHANE TRAIN 幻想のヨハネ SUNSHINE

まさに鉄道会社も巻き込みながら「聖地」にふさわしい雰囲気を作り出しアニメ聖地巡礼者訪問を待っているのだ。

日本のアニメの人気は国際的なのか外国人旅行者にとってもアニメの舞台は、やはり「聖地」のようで、観光目的地になっているようだ。

アニメ「ラブライブサンシャイン」の舞台の一つが沼津市内にある。

駿河湾の最奥、内浦にあるとされている女子高の生徒が主人公の物語だ。それなりに人気があるようだ。

Img_0726-2

アニメのタイトル画像

Img_0731-2 沼津市はここ数年大型店の撤退が続いた。丸井、西武、富士急、イトーヨーカドーがみな撤退し、人口も減り、将来が危ぶまれた。

最近の報道によると、沼津市に限ったことでないようだけどね。

たまたまだけど、今日、8月31日、池袋西武デパートでアメリカ投資ファンドへの身売り後の事業継続と雇用維持などをめぐってストライキが決行された。大手百貨店のストライキは60年ぶりだそうだ。

流通業界の変貌、再編はわかるが、労働組合員の皆さんには是非頑張ってほしい。

Dsc00746-2

賑わいを見せていた池袋西武デパート前

ところで、話を沼津に戻そう。先に触れたように衰退が心配されていた街なのだが、この日改札を出て駅前ロータリーから見た街並みに、何かお洒落なムードが漂っているのだ。

どうも撤退した大型店跡地にできた建造物群が変化を醸し出し、風がその匂いを運んできているのかな。

先ずは予約してあった店に入った。

急な予約であり、来店者も多く見込まれ、注文に即応できないということだったので事前につまみ等を「お任せ」にしておいた。

Img_9823-2

Img_9824-2

Img_9825-2

駿河湾でとれる海産物やら肉やらと、たっぷりいただき、そして飲んだ。

さあ二次会だ。駅に降り立った時感じた洒落た一角に行ってみた。

Img_9834-2

最近は外で飲むのは専ら居酒屋だったので、洋風飲み屋の店構えや内装に感心しながら席に着いた。

Img_9836-2

外国からのお客様も楽しんでいた。

Img_9838-2

先ずは乾杯!

1692149182311-2

洋風の中にあっても違和感なく神棚があった。デザインがいいね。

1692149220395-2

おお、天照皇大神宮だ。きっと効き目があるぞ。明日の流鏑馬のため晴天を祈願した。

併せて、商店街の守り神であるお稲荷さんにもお願いした。

Img_9816-4

 翌日、見事に晴れた!!

 

2023年8月24日 (木)

チンチンドンドンピーヒャララ 祭だ祭だ夏祭り!

台風7号が日本海に抜けたものの、依然として各地に大雨をもたらしている状況だったのだが、お囃子に吸い寄せられるように祭に行ってきた。

Img_9893-2

Img_0010-2

行ってみようと思ったのは、実は少し前、友人が別の祭りで写した手筒花火と勇壮な男衆の写真や動画をLINEで送信してきたのだ。

以前三嶋大社大祭で見た手筒花火が見事だったことを思い出した。

早速、ネットで今年の祭プログラムを探した。大丈夫だ。手筒花火は祭二日目の夜に実施される。この日は「伝統芸能の日」と銘打たれ、午後に「頼朝公旗揚げ行列」が練り歩き、夜に手筒花火が挙行されるのだ。

行列開始時間に合わせ現地に赴いた。昨年は大泉洋さんが頼朝役で大いに盛り上がった。今年はお笑い芸人の「あばれる君」がその任を引き受けた。

Img_9880-3

出発地には行かず折り返し地点広小路から行列に向かった。間に合った。ところが、「あばれる君」の頼朝が私の前を通り過ぎるところで、いきなり土砂降りに見舞われた。

ずぶ濡れで悲壮感あふれる旗揚げとなったが戦いを前にしたリアルな出陣式になったのかな。そんな中であっても、大雨にめげず多くの人たちが拍手を送っていた。

この大雨では火を使う手筒花火は無理だろうと見込んで夜は隣町である沼津市に飲みに行くこととした。

あと観たいと狙いをつけたのが翌日の「武田流 流鏑馬(やぶさめ)」だ。

Img_9934-2

Img_9919-2

長い儀式が続いた。そろそろかな!

Img_9927-2

さあ、所定の位置まで移動だ。

Img_9962-2

Img_9964-2

彼ら、なかなかの武者ぶりだ。

まるで鎌倉・室町からタイムスリップしてきた本物の武者のようだ。

それも、もっとも。大日本弓馬会の人たちだった。

これから始めるのは、240mの馬場を駆け抜けて、馬上から三つの的に矢を放つのだ。

皆が皆、完璧なものではなかった。当然ながら的を前にして矢を継ぐ間もなく馬が駆け抜けてしまう方もいた。でも成功すると盛大な拍手が巻き起こった。

Img_9976-2

Img_9991-2

Img_9994-2

見事!

見ごたえがあった。

しばらく休んで、農兵節パレードを楽しみ帰路に就いた。

Img_0016-2

Img_0058-2

Img_0033-2

こんな踊り手も!

Img_0063-2

楽しい時間を過ごすことができた!

 

2023年6月22日 (木)

凄かった!山を包みこむアジサイの群生。伊豆下田公園で。

日本一のアジサイの群生が今が盛りだと聞いた。

「それじゃ是が非でも行ってみるか」と皆で下田を訪れることにした。

人間4名と、お犬様おひとり。総勢5。

Img_9260-3

我はもともとアジサイだったのだ!

なだらかであったが、坂道を上り下り、アジサイが群れ咲く所をかき分けて歩いた。

「さすが疲れたぞー」(お犬様の弁)。

ホテルにチェックインした。(ペット同宿可能ホテル)

「ワシは一足先に横にならせてもらう」「おやすみー!」

1686960734601-2

てなわけで、お犬様がお休み中にアジサイの下田公園を振り返ってみよう。

この公園は「ペリー艦隊上陸の碑」の前の小高い丘に作られた自然公園だ。伊豆急下田駅から歩くとおよそ20分ほどの所。

この公園が誇るのは約15万株にもおよぶアジサイだ。(日本アジサイ協会のお墨付き)

最盛期には100種以上300万輪の花が咲くのだ。今がちょうどその時。

Img_9318-2

ペリー艦隊上陸の碑

さあ、アジサイの山に挑戦だ!

Img_9187-2

Dsc07611-2

おお、すごいぞ、山腹はアジサイだらけ。

Dsc_8187-2

Dsc07615-2

Dsc07615-3

ペリーも臨み見た光景か?

Img_9200-2

アジサイの向こうに海と街並みが臨める。

Img_9220-2

中腹では平たんな遊歩道の両わきをアジサイが飾る。

お犬様が突然動かなくなった。

「ワシはそろそろ疲れた。駕籠にして!」

Img_9204-2

「駕籠がない、まあ、いいか、これでもよし。慌てずゆっくり押してくれ」

そして、お犬様は「うたた寝」タイムになるのでした。

Img_9239-2

進むにつれ両脇からアジサイが迫ってきた

 

Dsc_8189-2

向こうに見えるは "あずまや" だ。

最近あちこちの公園で見るけどいい感じだね。

一休みしたらアジサイロードのゴールに向けて出立だ。

Dsc_8200-2

アジサイの群生は事前の情報以上に素晴らしく、とてもいい体験ができた。

さあ、次はペリーロードと寝姿山に進むぞ。

 

2023年3月 9日 (木)

久しぶりに我が家でひな祭り開催だ! え~、勝浦市でも~♬?

ひな人形が密を避けて集まらなかったわけではないのだが、久しく日の目を見ることがなかった。

今年は雛壇に並んだ。一時ではあったが我が家の一隅が華やかになった。

Dsc_7763-2

内裏雛も三人官女も久方ぶりの晴れがましい舞台に登場できて嬉しそうだ。

Dsc05998-2

昨年のちょうど今頃、伊豆半島東岸にある稲取温泉に吊るし雛を見に行ってきた。

Dsc08415-2

稲取 雛の館むかい庵にて(2022年2月撮影)

この華やかさには叶うものではないけれど、奥さまの突然の「雛人形を飾りたい」との申し出に私も手伝った。

飾ってみると満更じゃないよね。伝統の振る舞いで四季の移り行く空気を感じるのもいいかもね。

一つ一つの人形も結構愛くるしい。

Dsc06024Dsc06031-2そうかと思うと、凛々しい若武者も。

Dsc06026-2

ところで、昨年感嘆させてくれた稲取の吊るし雛なんだけど、日本三大つるし飾りの一つなんだね。あと二つは。福岡県柳川地方の「さげもん」、そして山形県酒田地方の「傘福」だそうだ。

稲取の街中には何ケ所か吊るし雛を飾った施設があった。

私たちが訪れた「雛の館 むかい庵」は、素戔嗚(すさのお)神社の傍にあった。この神社、最近稲取でことに評判を高めているスポットなのだ。本殿に続く石段に雛人形を並べているのだが、この石段なんと118段もあり、その当時日本一と言われていた。

ところが今年に入り、隣町の下田市に在る天神神社が同じく118段にひな人形を飾り日本一のタイになったのだそうだ。

そんなおり、新聞(朝日新聞2月27日付)に「いっぱい並んで すまし顔」の見出しで千葉県勝浦市で開かれていた「かつうらビッグひな祭り」の模様が紹介された。

市内で7000体もの可憐な雛が観光客を楽しませているというのだ。

「へ~」と感心していた折も折、なんと身内からその勝浦のひな人形の写真が届いたのだ。

1677888177218-2

勝浦市 遠見岬神社の60段に並ぶひな人形

1677888176677-2

近年、男の子(おのこ)さえも惹きつけるひな祭りでした!

 

2023年2月 9日 (木)

昼は見事な仏舍利塔と富士を仰ぎ見て、夜はイルミネーションに包まれたよ!

御殿場市の温泉施設から年に一回はくる葉書が届いた。入浴ポイントの有効期限が迫っているというお知らせだ。良い湯なんだけど繁く通える距離でもなく、このところなんとか期限内には行くように努めてきた。つまり年に一度か二度ぐらいかな。

Dsc_7598-2

今回は直前に全国的大降雪があった。富士山はどんなであったか観察したくなった。

ネットで御殿場市の富士山眺望スポットを探った。

ヒットしたのが「富士仏舍利搭平和公園」だった。

Dsc_7595-2

なかなか素晴らしい眺望だ。

この日も風が冷たく強かったけど、富士山の雪は風で飛ばされたのか山頂近くに残すのみで裾野には見当たらなかった。

でも公園には残っていた。

Dsc_7603

アーチをくぐり前に進んだ。

Dsc05408-2_20230130205501

ここは日本山妙法寺の富士道場でもあった。

上り坂の参道を進んだ。

Dsc05365-2

鐘楼の向こうに仏舎利塔が見えた。

Dsc_7612-2

この仏舎利塔、聞くところによると、1960年代に当時のインド首相だったネールさんからインドの仏舎利の分骨を日本に寄贈することが提案され、それを納めるために建造したのだそうだ。

※※考古学的な裏付けがされている国内の仏舍利は名古屋の覚王山日泰寺だけだそうだけど※※

Dsc05371-2

2023年度三度目の寺社詣を済ませ温泉に向かった。滅多にないことだ。

Dsc05394-2

Dsc05388-2

一風呂浴びて外に出ると、宵闇が迫っていた。

Dsc_6855-2

温泉施設内庭園のイルミネーションが点灯された。

富士山のシルエットも美しい。

Img_7756-2

光のトンネルも毎年、新しいデザインで私たちを迎えてくれる。

Img_7802

Dsc_6878-2

温泉も、イルミネーションも満喫できた。

大鳥に別れを告げながら日本橋を渡り帰途に就いた。

Img_7823-2

2023年2月 2日 (木)

大寒波襲来だ!でも、こんな景色も連れてくる!

Dsc04817-2_20230128154101

このツララ、なかなかすごい!

以下の写真は、しばらく前になるけど、長野県大町市から白馬村への移動途上での風景だ。

1月22日からの週、日本列島を大陸からの寒気が覆った。

この寒さ、ロシア人もビックリなんだそうだ。

ハバロフスク出身のタレント小原ブラスさんが仰っていたのだが「日本の寒さを経験すると皆いつも『死ぬ死ぬ』って騒ぐくらい」なんだって。(スポーツ報知1/28付)

実はロシア人は真冬にはあまり外で活動することがなくて、いつもは25度ぐらいの暖かい部屋でぬくぬくしているようなのだ。

それじゃ、ウクライナで戦わされている兵士は不本意にも寒い思いをしているのだね、早く帰宅できればいいのにね。

Dsc04818-2_20230128155701Dsc04968-2_20230128155701雪が降り止み、青空などが見えてくると凄さとともに美しいものを鑑賞させてもらっている気分だ。

でも、降り始めは凄い。

Dsc04805-2

木崎湖水辺の住宅

寒さに震えそうだ。

そして、今回も名神高速道路の渋滞が凄かったけど、交通を大きく麻痺させる。

Dsc04798-2

バス停も雪に埋まり、列車も四苦八苦する。

Dsc04811-2

大糸線白馬駅近く

でも、感動も届く。

Dsc04982-2

樹木に着雪し、雪原化した畑や山々の雪とあいまって美しい光景を作り出す。

Dsc04988-2

湖越しの景色も素晴らしい。

Dsc05002-2

青木湖

また行ってみたくなってきた!